夏の薬用植物園

施設紹介一覧夏の薬用植物園

薬用植物園の
四季


シャクヤク
Paeonia lactiflora Pall.
(ボタン科 Paeoniaceae)

中国の東北及び北部、シベリアなどに分布する多年草で、花草として広く栽培される。茎の高さ60cmに達し、葉は2回3出複葉で光沢があり、5~6月茎頂に1個の大形美花を開く。根は肥厚し円柱形、生薬名シャクヤク(局)Paeoniae Radix芍薬といい、成分はpaeoniflorin:モノテルペン配糖体。鎮痛、鎮痙、通経の目的に使用する。(花期:6月)

シャクヤク


ボタン
Paeonia suffruticosa Andrews
(ボタン科 Paeoniaceae)

高さは50~180cmの落葉性低木で、花は大形で径約20cmになる。古くから日本でも薬用及び鑑賞用として栽培され、多くの品種がある。日本には空海が持ち帰り各地の寺院に植えたと伝えられている。薬用部位は根皮でボタンピと言う。熱を除き、血流を改善して生理を調えるので、温経湯や大黄牡丹皮湯など婦人薬とみなされる処方に配合されている。(花期:6月上旬~6月下旬)

ボタン


クサノオウ
Chelidonium majus L. var. asiaticum Ohwi
(ケシ科 Papaveraceae)

日当たりの良い場所を好み、高さ30~80cmくらいになる多年生草本である。茎を折ると粘り気のある黄色の液汁が出てくる。薬用には乾燥した地上部を白屈菜(はっくつさい)と称して利用する。煎じて服用すれば消炎性の鎮痛効果を有し、胃痛や腹痛に有効とされるが、非常に毒性が強く、民間療法での内服は危険である。茎から出る汁を塗布すると腫れものや毒虫の刺傷、切り傷などに効くとされる。またアイヌは黄色の汁が出る茎を肛門に入れて痔疾の治療に利用したといわれている。有効成分はケリドニンやプロトピンなどのアルカロイドで、抗炎症作用や抗菌作用を示すことが知られている。(花期:5月下旬~6月中旬)

クサノオウ


チョウジソウ
Amsonia elliptica Roem. et Schult.
(キョウチクトウ科 Apocynaceae)

高さ80cmくらいで直立する多年生草本である。葉、茎、種子にはヨヒンビンなどを含み有毒植物とされる。多量に摂取すると瞳孔散大、血圧降下、血管収縮など重症になることもあるので注意する。キョウチクトウ科の仲間にはきれいな花をつけるものが多いが、有毒植物に分類されるものも多いので使用には注意する必要がある。本植物は、環境省のレッドリスト2007で準絶滅危惧に記載される希少植物となっている。(花期:6月初旬~6月下旬)

チョウジソウ


ヤマシャクヤク
Paeonia japonica Miyabe et.Takeda
(ボタン科 Paeoniaceae)

日本の山野に自生する多年生草本である。シャクヤクより小形で草丈40cmくらいになる。薬用部位は根で、ペオニフロリンやタンニンなどが含まれ、効能としては鎮痙、鎮静や抗炎症作用などがある。アイヌ語でホーラップと呼ばれ、アイヌは風邪をひいた時の熱さまし、あるいは腹痛にこの根を単独、またはフキの葉、イブキボウフウの根などと煎じて飲んだ。また、関節の痛みに根を噛んでつけたりしたという。同じボタン科のシャクヤクは、漢方210処方中の33パーセントに使用されており、極めて重要な植物のひとつである。「立てばシャクヤク座ればボタン」は、病に罹った時に立てるようならシャクヤクを使った処方、立てないようならボタンを使った処方というような薬の違いを表すともいわれている。(花期:6月初旬~6月中旬)

ヤマシャクヤク


ハシリドコロ
Scopolia japonica Maximowicz.
(ナス科 Solanaceae)

日本特産で本州、四国に分布する多年生草本である。根及び根茎をロート根、葉はロート葉として用いられる。ロートエキスは鎮痛・鎮痙薬として喘息、神経痛、胃痛などに使用され、また眼科では瞳孔を拡大させる検査用薬として使用されている。成分にはトロパン型アルカロイドのスコポラミンやヒヨスチアミンなどが知られている。春先の芽出しを山菜と誤って食すると中毒になるので注意が必要。ハシリドコロの名称は、食べると錯乱して「走り回る」と言うことと根茎がオニドコロに似ているところからついた。新芽は「フキノトウ」に似ているので注意。(花期:5月下旬~6月中旬))


ミツガシワ
Menyanthes trifoliata L.
(ミツガシワ科 Menyanthaceae)

沼、沢などの湿地に自生する多年生水草で、特に北海道、東北に多く見られ、根室、釧路など道東の湿原では群落がみられる。根茎は太く水中の地下を這うように生長する。カシワに似た小葉が三枚あることに基づいてこの名がついた。葉を葉柄ごと採取し、乾燥させたものが生薬の睡菜葉(すいさいよう)である。ヨーロッパでは古くから民間薬として食欲不振などに用いられてきた。現在では、苦味健胃薬として胃のもたれや腹痛時に利用されている。(花期:5月下旬~6月中旬)

ミツガシワ


ヒレハリソウ
Symphytum officinale L.
(ムラサキ科 Boraginaceae)

淡紫色の花が下向きに頂生する多年生草本である。ヨーロッパでは根や葉を抗炎症薬として古くから利用されており、現在でも胃潰瘍、高血圧の改善に用いられている。アラントインは皮膚の刺激抑制及び上皮細胞組織の修復作用などの効果を有するので、根茎エキスが化粧品や歯磨き粉などに利用されている。生の根、葉の生汁はビタミン、ミネラル類を豊富に含み、貧血予防、新陳代謝機能促進に効果がある。葉や若芽を天ぷらやつくだ煮などにして食用にしても同様の効果がある。コンフリーとして知られ、かつて脚光を浴びた。しかし、変異原性をもつピロリチジン型アルカロイドが含まれており、平成16年、厚生労働省は健康被害のおそれに関する情報を提供している。(花期:6月下旬~7月中旬)

ヒレハリソウ


ドイツスズラン
Convallaria majalis L.
(ユリ科 Liliaceae)

ヨーロッパや北アメリカに分布する多年生草本である。ドイツスズランは日本に自生するスズランよりやや大型で香りも強く栽培しやすい。園芸植物として広く栽培され、また香料にもする。全草に強心配糖体のコンバラトキシンなどが含まれ、これらはジギタリスに似た強心作用を持っている。かつてヨーロッパで強心、利尿薬とされたが、現在では毒性が強いため使用されていない。イギリスでは「谷間のユリ」、ドイツで「五月の鐘」、フランスで「森の麝香」とも呼ばれる。(花期:6月上旬~6月下旬)

ドイツスズラン


イカリソウ
Epimedium grandiflorum Morr. var. thunbergianum Nakai
(メギ科 Berberidaceae)

北海道から本州、近畿地方以北の主に太平洋側に分布する多年生草本。名は花が錨(いかり)の形に似ていることに由来する。この草を食べた雄羊が精力絶倫になったことから、強精、強壮の効果があることがわり地上部を漢薬に用いられるようになった。生薬名の淫羊藿(いんようかく)はこの話に由来する。市販の強壮ドリンク剤などに配合されている。(花期:5月下旬~6月中旬)

イカリソウ


ヨウシュチョウセンアサガオ
Datura stramonium L. var. tatula MUNEL.
(ナス科 Solanaceae)

ヨウシュチョウセンアサガオの葉はダツラ葉として、鎮痛、鎮痙、鎮咳などに利用される。本植物は、熱帯アメリカを原産とする日本に帰化した一年草である。毒性が強く、花の形から悪魔のトランペットと言われることもある。華岡青洲が全身麻酔手術に使用した通仙散に配合されているチョウセンアサガオが有名。通仙散には他にトリカブト、トウキ、センキュウ、ビャクシなどが配合されている。(花期:7月中旬~8月上旬)

ヨウシュチョウセンアサガオ


オクトリカブト
Aconitum japonicum subsp. subcuneatum (Nakai) Kadota
(キンポウゲ科 Ranunculaceae)

子根を附子と称し、母根を烏頭(うず)という。薬用には主に生附子を修治して利用するが、ブシ(局)は冷えの改善を目的に牛車腎気丸、真武湯などの漢方処方に配合されている。また、毒性が極めて強く、アイヌは根を矢毒として狩猟に利用してきた。春先、ニリンソウと誤って採って中毒事故がたびたび生じる。(花期:8月下旬~9月中旬)

オクトリカブト


ジギタリス
Digitalis purpurea L.
(ゴマノハグサ科 Scrophulariaceae)

ヨーロッパ原産の世界各地で栽培されている重要な生薬のひとつ。指(digitus)と紅紫色(purpurea)の意味が入っている名称のとおり、花が指サックの様な形をしている。日本には江戸時代にシーボルトが種子を持ってきて試植したのが最初とされている。薬用には小葉を用い、ジギトキシンなどの強心配糖体を含み、強心利尿薬をしてうっ血性心不全などの浮腫の改善に利用される。ブッシュ元大統領がキャンプデービッドで倒れた時に、治療にジギタリスが用いられたことでも有名である。(花期:7月上旬~7月下旬)

ジギタリス


ツリガネニンジン
Adenophora triphylla A. DC. var. japonica H.Hara
(キキョウ科 Campanulaceae)

茎は直立して高さ1mになる多年生草本で太い根を持っている。この名前の由来は、花が釣鐘状で根が朝鮮人参の形に似ているところからきている。朝鮮人参の偽者として出回ることがある。根を沙参(しゃじん)と称し、トリテルペノイドサポニンを含み、鎮咳・去痰などに用いられる。若い茎や葉をおひたしや和え物として食用にしてきた。またアイヌは根を煮たり焼いたり、あるいは飯に炊き込んだりして食べていたといわれている。(花期:7月中旬~8月上旬)

ツリガネニンジン


カラマツソウ
Thalictrum aquilegifolium L. var. intermedium Nakai
(キンポウゲ科 Ranunculaceae)

花は径1.5cmくらいで茎の先のほうで3~4裂になり、球状に群がってつける。名前の由来は、花がカラマツの葉のつき方に似ているところにある。アイヌは腹痛時に根を生あるいは焼いて食べたり、煎じて服用してきた。また傷や打ち身には根を噛んで液汁を塗ったり、蛆除けに細かく刻んで便槽に入れたりもしていた。(花期:6月初旬~6月下旬)

カラマツソウ


アマチャ
Hydrangea macrophylla var. thunbergii Makino
(ユキノシタ科 Saxifragaceae)

日本各地で栽培される落葉低木である。葉は対生、有柄で卵円~広皮針形で辺緑に鋸歯(キョシ)がある。7~8月散形花序を各枝に頂生し、青紅紫葉の花を開く、周辺の花だけ4枚のがく片が発達し紅紫色または白色を呈する。9月ごろ、葉を採り水洗いし半陽乾し、1夜つみ重ねて発酵させた後よくもんで陽乾すると甘味を生ずる。これをアマチャ(甘茶)という。甘味矯味薬として家庭薬丸剤や医薬部外品の口中清涼用丸剤に配合される。(花期:7~8月)

アマチャ


イヌサフラン
Colchicum autumnale L.
(イヌサフラン科 Colchicaceae)

ヨーロッパ中南部、北部アメリカ等の原野、湿地、山腹に自生または栽培する多年生草本で、我が国にもよく生育する。地下に球茎があり、8~10月の葉のない時に花を咲かせる。花柄ははなはだ短く地下の球茎中に隠れており、長さ10cmに及ぶ帯黄緑白色の花筒を出し、その頂に濡斗形淡紫紅色の6花被をもつ花数個を開く。翌春地中からオモトに似た広ひ針形の葉3~5を生じ、同時に花柄が伸びて2~3の果実を地上に出す。果実はさく果で多数の種子を入れ、熟すれば類かっ色となり、隔壁から開裂する。種子をコルヒクム子、球茎をコルヒクム根と呼び、痛風の急性発作やリュウマチに用いられたが、副作用が強いため現在はほとんど用いない。(花期:8~10月)

イヌサフラン


ウイキョウ
Foeniculum vulgare Mill.
(セリ科 Apiaceae)

ヨーロッパ原産、温帯各地に広く栽培され、日本では、長野県及び北海道で栽培される多年生草本で独特の香りがある。春に宿株から葉が群れをなして出る。茎は直立し上部で分枝し、平滑な円柱形、緑色、高さ2mに達する。葉は大きく多裂し、多数の裂片は糸状で細い緑の糸の集まりに見える。根生葉(コンセイヨウ)には長柄があり、茎生葉(ケイセイヨウ)ではだんだん短くなるが、ともに葉柄基部は葉鞘(ヨウショウ)となる。夏に枝先に大きな複散形花序となって多数の黄色小花を開く。果実をウイキョウと称し、特異芳香性があり、味は峻烈でかすかに甘い。(花期:6~8月)

ウイキョウ


ウラルカンゾウ
Glycyrrhiza uralensis Fisch.
(マメ科 Leguminosae)

シベリア、蒙古及び中国東北に自生し、茎の高さ1~3m、茎の下部は木質化し、小枝はりょうがあり柔毛を密生する。小葉は卵形で果実は巻曲し剛毛を生ずる。満州甘葉の大部分はこの根で同様に用いられる。
(花期:7月~8月)


キバナオウギ
Astragalus membranaces Bunge
(マメ科 Leguminosae)

中国の四川、河北、山西、江西各省及び中国東北に分布する多年生草本で、根は木質を帯びる。高さ60~100cmで、葉は奇数羽状複葉をなし、小葉は6~13対、小葉片はだ円形であるいは狭卵で表面光滑、背面に白色の長柔毛がある。総状花序をえき生、花冠は黄色である。さや果は膜質で膨張し、半卵円系となり、先端は刺状で全体に短毛がある。中国ではこの植物を膜爽黄耆と称し、東北産黄耆の原植物である。なお、済州島にはキババオウギの地形的変形がみられる。(花期:7月~8月)

キバナオウギ


ゲンチアナ
Gentiana lutea L.
(リンドウ科 Gentianaceae)

ヨーロッパ中部、南部の山地に野生する多年草で高さ約1mに達し、単茎、葉は対生し卵形をなす。秋にだいたい黄色の花を茎頂の葉えきに輪生する。乾燥した根茎及び根をゲンチアナ(局)Gentianae Radixと呼んで薬用に供する。主成分として苦味配糖体gentiopicrin 8~10%を含む。(花期:7月~8月)


センキュウ
Cnidium officinale Makino
(セリ科 Umbelliferae)

中国原産、日本では主として北海道、奈良県などで栽培される多年生草本で、高さ30~60cm、葉は再羽状複葉をなし、小葉は卵形披針形で中裂~深裂し、裂片には鋸歯(きょし)がある。秋日茎頂に複散形花序をなして白色花を開く。日本で栽培されるものは結実しない。根茎を通常湯通しして乾燥したものをセンキュウと呼び、cnidilideや、ligustildeなど精油を主成分とする。(花期:6~8月)

センキュウ


ドクダミ
Houttuynia cordata Thunb.
(ドクダミ科 Saururaceae)

全国各地(陰湿地が多い)に野生し、東南アジア(台湾、中国、ヒマラヤ、ジヤワなど)にも産する多年生草本で、地下茎は白く横にはえ、全草無毛である。茎は高さ20~50cmで暗緑紫色。葉は互生、有柄、心臓形で全緑、長さ4~8cm、幅3~6cmである。初夏に花穂を生じ、その基部に4枚の白色十字の花弁状の総包があり、花は両性、淡黄色微細で花弁なく、雄ずいは3本、子房上位、3室である。全草を花期前に採取しこれをジュウヤク十薬、重薬、ジュウサイという。生の全葉中に精油薬0.005%を含む。特異の臭気は
decanoyl-acetoaldehyde及びlauricaldehydeである。十薬は民間で生葉をもむか火にあぶって化膿、腫瘍、創傷に用いる。乾燥した十薬は利尿薬としてリン疾や尿道炎に用いる。(花期:5月~7月)

ドクダミ


ベラドンナ
Atropa belladonna L.
(ナス科 Solanaseae)

ヒマラヤ山系からコーカサス、イラン、ヨーロッパにかけてのブナ帯の下草の一つとして広く分布する。高さ1.0~1.5mの多年草で、ルーマニア、ブルガリア、ドイツなどにて栽培し、近年は米国でも栽培がさかんである。全草にl-hyoscyamine、l-scopolamineなどのトロパンアルカロイドを含むが、根及び葉を薬用資源とする。ベラドンナコン、ベラドンナヨウはともに鎮痛、鎮痙剤として重要であるが、もっぱらエキス剤とし、また硫酸アトロピンの原料とする。(花期:5月~6月)

ベラドンナ


エゾトリカブト
Aconitum yesoense Nakai
(キンポウゲ科 Ranunculaceae)

北海道に多い種類で葉は完全に切れ込み小葉に柄がある。通常jesaconitine等が含まれるが、外観の酷似するもので無毒なものがあり(テリハブシ A. yesoense var. macroyesoense(Nakai)Tamuraとされる)産地によって成分が異なる。(花期:8月~10月)


アマ
Linum usitatissimum L.
(アマ科 Linaceae)

中央アジア原産といわれる一年草本。油と繊維をとるために世界に広く栽培されている。製油用、繊維用等の変種があり、前者は南方、後者は北方に適するという。油はアメリカ、カナダ、ソ連、アルゼンチン、繊維はベルギー、ソ連に多く産する。日本では北海道に多く栽培する。種子を亜麻仁と言い、平たい偏だ円形で長さ約0.5cm、幅約0.25cm、かっ色で光沢がある。(花期:7月~8月)


キンミズヒキ
Agrimonia pilosa Ledeb.
(バラ科 Rosaceae)

山野に多くみられる多年草で、東アジア温帯に分布する。茎は直立し、高さ40~150cm、葉とともに粗毛を密生する。葉は互生し奇数羽状複葉で、葉柄基部には葉状のたく葉がある。小葉は2,3対、長だ円形で両端とがり、あるいはきょ歯があり、葉軸にも小さい葉片を有する。夏、茎頂、枝端に総状花序をなして多くの黄色5花弁を開く。花は短い柄があり径約7mmで、果実は宿存がくに包まれ、がく筒上緑により衣服などに付着しやすい。開花期に全草を採取し乾燥したものを竜牙草(リュウゲソウ)Agrimonie Herbaと呼び、微量のタンニンを含み、下痢止めに用いる(4~10g)ヨーロッパ産A. eupatoria L.の全草は精油及びタンニンを含み肝臓、胆のう疾患に用いられる。(花期:5月~6月)

キンミズヒキ


トチバニンジン
Panax japonicus C.A. Meyer
(ウコギ科 Araliaceae)

わが国特産の多年草で、各地の山林樹陰地に自生する。茎の高さ30~50cm、オタネニンジンに酷似するが花は白色、根茎は竹節状の結節があり、横走してよく発達し根は細根である。根茎にはpanaxsaponin約5%を含み、加水分解すればブドウ糖、arabinose、glucuronic acidとoleanolic acidも得られる。その他少量のpanaxadiol、panaxatriolを含む。根茎の細根を除き湯通し後、乾燥したものがチクセツニンジン(局)Panacis Japonici Rhizoma竹節人参、竹参、土参で、漢方では健胃、解熱、去痰作用を目的として用い、また人参に代用して用いることがある。人参に比べ新陳代謝機能の賦活作用は劣り、去痰及び解熱作用は優るといわれる。傾斜面に生育するものには住々根茎から短円錐形の直根を生じ、これを特に直根人参と称する。(花期:6月~8月)


エゾウコギ
Eleutherococcus senticosus
(ウコギ科 Araliaceae)

日本の北海道、特に北見・帯広など東部に生息することから、エゾウコギの名で呼ばれる。他にロシアのアムール州、サハリン州、中国の黒竜江省、吉林省にも分布する。高さは2~3m。成分の特徴としてはエレウテロサイドEが主成分。その他に、エレウテロサイドB、エレウテロサイドB1、イソフラキシジン、セサミン、クロロゲン酸、ジカフェオイルキナ酸などが含まれる。(花期:7月~8月)

一覧へ戻る