アドミッション・ポリシー|薬学部

薬学科

薬学科

アドミッション・ポリシー

Ⅰ.基本方針

チーム医療、地域医療、在宅医療など、医療現場で求められる薬剤師の役割は、今後ますます重要になっていきます。将来、薬剤師として活躍するためには、「どのような薬剤師になりたいのか」を明確にイメージし、目標達成に向かって学んでいくことが大切です。薬学部では、薬剤師に必要な知識・技能・態度、豊かな人間性と医療人としての高い使命感を有する「医療の現場で活躍する薬物療法の専門家」になるための教育を行い、地域社会の保健・医療・福祉の向上に寄与する人材を育成します。
そのために、以下の資質・能力・意欲を持った学生を受け入れます。

Ⅱ.求める人材像と学力の3要素

薬剤師になることを強く希望する人
知識、技能
思考力、判断力、表現力
主体性、多様性、協働性
人々の健康を大切にし、地域医療への貢献を志す人
知識、技能
思考力、判断力、表現力
主体性、多様性、協働性
薬学を学ぶために必要な基礎学力を有し、高い勉学意欲のある人
知識、技能
思考力、判断力、表現力
主体性、多様性、協働性
ルールを守り、協調性と思いやりをもって行動することができる人
知識、技能
思考力、判断力、表現力
主体性、多様性、協働性
良好な人間関係を築くために必要なコミュニケーション能力のある人
知識、技能
思考力、判断力、表現力
主体性、多様性、協働性

Ⅲ.学力の3要素と求める多元的な評価

知識・技能
  • 学力試験
  • 調査書
  • 発表
  • 推薦書
  • 集団面接
  • 口頭試問
思考力・判断力・表現力
  • 学力試験
  • 調査書
  • 発表
  • レポート
  • 個人面接
主体性・多様性・協働性
  • 推薦書
  • 集団面接
  • 自己推薦書
  • 集団討論

Ⅳ.入学者選抜方法における評価の比重

入学者選抜方法 学力
試験
調査書 発表 レポート 推薦書 集団
面接
個人
面接
自己
推薦書
集団
討論
口頭
試問
新ガリレオ選抜      
学校推薦型選抜
(系列校)
         
学校推薦型選抜
(指定校)
         
学校推薦型選抜
(公募)
         
自己推薦型選抜            
一般選抜                  
一般選抜
(共通テスト利用選抜)
                 
外国人留学生選抜                

Ⅴ.入学前に習得すべき内容・水準

  • 社会、医療における諸問題を解決するために必要な幅広い分野の基礎知識を習得していること。
  • 高等学校等において、明確な目的意識を持って主体的に学ぶ姿勢を経験していること。
  • 薬の構造や性質、作用機序、体内動態などについて理解するための基本的な科学力を有していること。
  • 薬学を中心とする学士課程教育を学ぶための必要な基礎学力(理科、数学、外国語、国語)を有するとともに、自分の考え、意見やさまざまな情報を相手にわかりやすく正確に伝えるためのコミュニケーション能力を身につけていること。

※記号(◎,○,△)は重要度の順序を表しています。