NEWS

お知らせ

2022年09月05日

第35回 北海道薬物作用談話会が本学で開催されました

2022年8月21日(日)、本学E棟を会場として、第35回 北海道薬物作用談話会が開催されました。

本会は、北海道の「薬」に関係する研究者が参加し、研鑽する会として発足したものです。35回目の今回は、本学北の大地ライフサイエンス創生研究所(CRILS)所長で薬学部の丁野純男教授が世話人代表を務めました。

道内大学の薬学部、医学部、歯学部、獣医学部から研究者71名の参加があり、一般演題13題の発表と、北海道大学 大学院歯学研究院 薬理学教室の飯村忠浩教授による特別講演「骨形成促進薬による神経保護作用」を行いました。

なお、発表者のうち、本学薬学科6年生の中谷日向子さん、中村祐喜さんが以下の演題で若手研究者優秀発表賞を受賞しました。

  • 中谷 日向子さん 「アニサキスを駆虫可能な化合物の探索およびその製剤化」
  • 中村 祐喜さん 「線維化した腎間質領域への送達を目的としたⅣ型コラーゲン親和性搭載ナノ粒子の構築」