ニューストピックス

中学生と保護者を対象とした体験薬剤師教室を開催しました

2019年10月25日

2019年9月29日(日)、北海道科学大学講義棟(A棟)及び薬学部棟(B棟)において、中学生と保護者を対象に「親子のための体験薬剤師」を開催しました。

 

 

このイベントは、薬剤師という仕事や薬学部での学びに触れてもらうため、毎年、大学祭の時期に合わせて行なっています。 当日は中学生18名と同伴者23名の合計41名が参加しました。

 

今年度の中学生薬剤師体験では、薬学部山下浩准教授による導入講義「薬学・薬剤師紹介」、薬剤師業務体験、戸上准教授による製剤学に関するミニ講義「どうして色んな形のくすりがあるの?」や、山佳織講師による製剤体験実習、漢方入浴剤、アロマスプレーづくりに挑戦して頂きました。

 

薬剤師業務体験では、実際の調剤薬局と同等の設備を有する本学の模擬薬局での、分包機を使った一包化、調剤薬局のカウンターでの応対を体験した他、製剤体験実習では、錠剤、坐薬、軟膏づくりを学びました。

 

 

 

 

 

 

 

また、漢方入浴剤、アロマスプレーづくりでは、生薬を各自が配合して入浴剤を作ったり、エッセンシャルオイルを配合して、アロマスプレーを作りました。薬剤師体験のお土産として記念に持ち帰って頂いたので、ご家庭でも香りを楽しんでいただければと思います。

 

 

 

北海道科学大学で薬についての学びの一端に触れてもらったことは、これまで以上に薬学部や「薬剤師」という職業に関心を持てただけではなく、中学校での普段の学習や、科学への興味を広げるきっかけになったのではないでしょうか。

興味を持ったら・・・
薬学科 

一覧へ戻る

印刷

news-topics

HUSナビ

就職支援サイトHUS就職

資料請求