NEWS

お知らせ

2022年08月25日

夏休みの自由研究は北海道科学大学におまかせ!「繊維強化プラスチックってなんだろう?」ひらめき☆ときめきサイエンスを実施しました

2022年8月10日(水)に、小学5・6年生を対象とした「ひらめき☆ときめきサイエンス」、義肢装具学科の早川 康之教授による「身近にある繊維強化プラスチックの不思議 曲げて、ねじって、温めて!」を開催し、身近に生活を支える繊維強化プラスチックについて、実験を通して学びを深めました。

「ひらめき☆ときめきサイエンス」とは、現在活躍している研究者が大学等で最先端の研究成果を小・中学生や高校生に体験・実験・講演を通じて分かりやすく紹介し、見る・聞く・触れることで科学の興味深さや面白さを感じてもらうものです。

今回は新型コロナウイルス感染症の防止対策として定員減、都度の換気、手指消毒、マスク着用を徹底し開催いたしました。

参加者は、軽くて丈夫な性質を持つ繊維強化プラスチックについて学んだ後、この素材を使った工作に挑戦しました。素材を身近に感じ、また素材を活かした「ものづくり」の醍醐味を、体感することができたのではないでしょうか。

ひらめき☆ときめきサイエンスは、まだまだ続きます。
 
9、10月の講座について、現在募集をおこなっております。
今年度の実施予定については、こちらに随時掲載させていただきます。

ご参加いただいた皆様、どうもありがとうございました。