新型コロナウイルス感染症の拡大に対する本学の取組み新型コロナウイルス感染症の拡大に対する本学の取組み
道内大学初!学内各施設に光触媒コーティングを実施しています
2020年11月18日

道内大学初!学内各施設に光触媒コーティングを実施しています

本学では、学生がより安心で安全な学生生活を過ごせるよう、北海道内大学で初めて(※)光触媒コーティングを実施しています。

(※クリーンコーポレーション調べ)

 

コーティング液の Tersus IN(テルサス アイエヌ)は、完全水系・完全無機の無色透明な液体で、外部検査機関による安全性試験をクリアしています。光触媒をコーティングすることにより、酸化チタンの酸化分解力によって、付着した菌・ウイルスの繁殖を抑制、また消臭・空気浄化など衛生環境の改善にも期待が持てます。また、光照射下での抗ウイルス・抗菌性だけでなく、暗所においても効果が発揮されます。

これまでの実績として、公用施設、商業施設、病院、公共交通機関など幅広く採用されています。

 

受験生の皆さまにも安心していただけるよう、これから実施される入学者選抜試験で使用される施設にも光触媒コーティングを施しています。

 

 

 

 

 

●北海道科学大学 光触媒コーティングの実施について

使用製品:Tersus IN【(製造)信越化学工業株式会社】

施工期間:2020年11月9日(月)~11月20日(金) 予定

施工業者:株式会社クリーンコーポレーション

施工場所:学内56講義室(A棟・G棟・E棟・7号館)、化粧室(A棟・G棟・E棟)、各棟エレベーター 他

施工効果:抗菌、抗ウイルス、消臭 など

持続期間:3~5年

 

印刷

一覧へ戻る