ニューストピックス

2019年度 応用物理学会 リフレッシュ理科教室「でんきモノづくり&プログラミング講座」を開催しました

2019年1月7日

2019年12月21日(土)、14時30分から17時まで、2019年度 応用物理学会 リフレッシュ理科教室「でんきモノづくり&プログラミング講座」(主催:(公社)応用物理学会、後援:札幌市教育委員会)を開催しました。

 

 

「リフレッシュ理科教室」は、電気電子系の科学とモノづくりの楽しさを知ってもらい、未来の研究者・技術者をめざす子ども達を増やしたいというねらいの取り組みです。本学を会場としての実施は今年で12年目となり、小学校3年生から5年生の20名が参加しました。

 

  

 

今回の内容は昨年度に倣い、「ミニLEDランプ」を工作し、さらに自分で工作したミニLEDランプをmicro:bitを使って自分自身で作ったプログラムで点灯、色を徐々に変えていくことを体験しました。

講師を務めた本学電気電子工学科の木村尚仁教授、小島洋一郎教授、渡部智希講師、本学学生10名の補助の下、参加した子どもたちは、自分が作ったミニLEDランプが、プログラムで綺麗に光りながら色を変えていく様子に、嬉しそうに眺めていました。

 

 

 

今後もモノづくりとプログラミングを連携させて学んでいくフィジカルプログラミング工作の講座や、プログラミングのワークショップを企画・実施していきますので、機会がありましたら是非ご参加ください。

 

今回実施のリフレッシュ理科教室の詳細については、こちらをご覧ください。

興味を持ったら・・・
木村尚仁先生 小島洋一郎先生 渡部智希先生 電気電子工学科 北方地域社会研究所  

一覧へ戻る

印刷

news-topics

HUSナビ

就職支援サイトHUS就職

資料請求