ニューストピックス

本学宇宙開発研究同好会を中心としたチームが電気電子工学科三橋龍一教授の指導のもと安否確認用超小型衛星の開発に取り組んでいます

2019年7月26日

北海道科学大学 宇宙開発研究同好会を中心としたチームが電気電子工学科三橋龍一教授の指導のもと、安否確認用小型衛星の開発に取り組んでいます。

 

 

紛争地域の難民キャンプ等で人道援助活動のボランティア等をしているスタッフには、常に危険を伴っています。

特に活動中のスタッフの家族は、スタッフの安否を常時確認できる方法の確立を切望しています。

そこで、当チームでは、CubeSat(超小型衛星)を使用し、紛争地域でボランティアをしている方々を、日本国内にいる家族が衛星経由で、直接安否確認するシステムの開発に取り組んでいます。

 

 

 

安否確認用超小型衛星の開発にあたり、最初のステップとして「能代宇宙イベント」への参加を目標に活動しています。

このイベントに参加することで、開発した機械が確実に設計した通り動作するかを確認し、設計開発技術の研鑚に努めます。

 

またこのチームでは活動資金獲得のため、クラウドファンディングを活用しています。

詳細は下記リンクよりご確認ください。

 

find H(外部サイトにリンク)

https://find-h.jp/project/cubesat0720/detail

興味を持ったら・・・
宇宙開発研究同好会 電気電子工学科 三橋龍一先生 

一覧へ戻る

印刷

news-topics

HUSナビ

就職支援サイトHUS就職

資料請求