ニューストピックス

石田眞二教授が協力する平成30年度第2回小樽市地域公共交通活性化協議会が開催されました

2019年1月10日

平成30年12月27日(木)、小樽市役所において、都市環境学科の石田眞二教授が副会長を務める「平成30年度第2回小樽市地域公共交通活性化協議会」が開催されました。

 

この「小樽市地域公共交通活性化協議会」は、持続可能な公共交通網の構築に向けた取り組みを進めるため、「地域公共交通の活性化及び再生に関する法律(平成19年法律第59号)」に基づき、交通事業者、公共交通の利用者及び学識経験者などで構成され、平成28年5月に小樽市と本学が連携協定を締結したことから、本学で都市計画や地域計画等について研究している石田教授に協力依頼がありました。

 

 

平成30年度第2回目となる今回の協議会では、専門分野を検討する「地域公共交通分科会(委員長:石田眞二教授)」からの報告と、小樽市民及び観光客等を対象とした公共交通機関に関するアンケート結果が報告されました。観光客を対象としたアンケートでは本学学生が協力して実施されました。

また、協議事項として地域公共交通の現状確認及び問題点の整理を行い、地域公共交通網形成計画の課題、将来像、基本方針、基本目標を設定しました。

 

今後は、基本方針に基づく施策及び事業の検討を行う予定です。

 

北海道科学大学は、小樽市の取り組みに協力していきます。

興味を持ったら・・・
石田眞二先生 都市環境学科 

一覧へ戻る

印刷

news-topics

HUSナビ

キャリアアシストサイト

資料請求