ニューストピックス

JAXAが電気電子工学科の三橋龍一教授と学生が参画している超小型人工衛星を9月11日に打ち上げることを公表しました

平成30年8月10日

電気電子工学科の三橋龍一教授と学生(電気電子工学科及び機械工学科)が、静岡大学、㈱大林組と共同開発している超小型エレベーター衛星STARS-Meプロジェクトに参画しています。

 

 

STARS-Me(Space Tethered Autonomous Robotic Satellite-Mini elevator)とは、宇宙エレベーターを目標とした軌道エレベーター技術の第一歩として、 CubeSatを用いた宇宙実験を行う超小型衛星のことで、人工衛星を軌道投入し、アンテナを展開、その後2機に分離させ、テザー(約10m)を展開させ、エレベーターの昇降機(クライマー)を移動させる実験です。

三橋先生の研究室では、衛星の打ち上げに伴う地上運用管制局を担当しています。

 

打ち上げは、平成30年9月11日(火)に種子島からHⅡBロケットで行なわれる予定です。計画では「こうのとり」7号機に格納された状態で国際宇宙ステーションに持ち込まれ、宇宙飛行士が操作するロボットアームで宇宙空間へ放出されます。

 

 

 

本学学生も衛星の打ち上げに大いに携わっていますので、9月11日の打ち上げに皆さまご期待ください。

 

STARS-Meプロジェクトのホームページはこちら

JAXAのプレスキットはこちら

興味を持ったら・・・
 三橋龍一先生 電気電子工学科 機械工学科

一覧へ戻る

印刷

news-topics

HUSナビ

キャリアアシストサイト

資料請求