ニューストピックス

札幌新川高校で人間社会学科1年生がモデルディベートを披露しました

平成30年3月20日

平成29年11月27日(月)、人間社会学科の佐々木智之准教授が札幌新川高校の1年生を対象に「ディベート」の出前授業を行い、人間社会学科の1年生8名がモデル&アドバイス役として参加しました。

 

この出前授業は4年前から毎年週1回、計5回の授業を行っているもので、今年は学年集会で集まった約320人の高校生の前で人間社会学科の学生が「日本はコンビニエンスストアの24時間営業を禁止すべきである」を議題にモデルディベートを披露しました。

次の週からは、高校生がグループに分かれ同じ議題のディベートに挑戦し、人間社会学科の学生も、審判や高校生にアドバイスする役割として、各クラスに1人ずつ配属され、授業に参加しました。

 

 

 

モデルディベートについて高校生たちは、「時間をきっちり使いきってスピーチしていてすごい」といった反応がありました。

この出前授業は、学生たちが授業で学んだことを活かす場としても大変貴重な場となっています。

興味を持ったら・・・
 人間社会学科 佐々木智之先生 

一覧へ戻る

印刷

news-topics

HUSナビ

キャリアアシストサイト

資料請求