ニューストピックス

平成28年度100日間セーフティラリー開会式を行いました

平成28年6月8日

平成28年6月2日(木)、A106講義室において平成28年度100日間セーフティラリーの開会式を行いました。


セーフティラリーは、学生および教職員の交通安全意識の向上を図ることを目的に毎年実施している恒例行事で、今年で23回目の実施となります。今年度から北海道薬科大学も合同で行うことになりました。

今回は6月6日(月)から9月13日(火)までの100日間を3人から5人がチームを作って期間中の無事故・無違反を目指します。

会場には、セーフティラリーに参加する学生・教職員約100名と、来賓として北海道札幌方面手稲警察署交通第一課北海道警部の秋山文博課長にお越しいただきました。

はじめに主催者を代表として、協学会委員長の藤田拓史さん(情報工学科3年)と三田村学生支援センター長からの挨拶があり、続いて嘉門正太さん(都市環境学科3年)から参加者を代表して交通安全宣言がありました。

 

 


その後、秋山文博課長から講話をしていただきました。

講話では、「運転は運動と同じで反応速度などを要するものなので、準備運動をしてから運転をするようにしてほしい。運転する時にはタクシーの運転手さんの姿勢を見習い、正しい姿勢で運転すべき。」など、運転をする上での心構えやアドバイスがありました。また、講話の最後には交通事故にあった家族の実例を挙げながら、「交通事故は一瞬で人生を狂わすものなので、絶対に運転手は油断をしないで、注意しながら運転をしてほしい。」とのお話がありました。

 
 

セーフティラリーを無事達成できるよう、安全運転で無事故・無違反を目指しましょう。

 

興味を持ったら・・・
平成27年度開会式の様子

 

 

一覧へ戻る

印刷