入試情報

多彩な入試制度。それぞれの特徴を理解して 「自分らしい入試制度」を決めよう。

大学受験は、学力試験だけではありません。
北海道科学大学は、さまざまな入試制度を導入しています。
それは、あらゆる可能性に応えるため。
早めに、自分にとって最適な入試制度を選びましょう。

出願時の留意事項

①出願登録データに不備がある場合は、受け付けできません。
②入学検定料支払い後は出願登録データを変更できません。(住所等に変更がある場合は、本学入試課(0120-248-059)へ連絡してください)
③提出された出願書類及び入学検定料は、返還できません。
④試験日の3日前までに受験票が印刷可能にならない場合は、本学入試課(0120-248-059)までお問い合わせください。
⑤入学許可後であっても、出願書類の記載事項と事実が相違していることが判明した場合には、入学を取り消すことがあります。

個人情報の取り扱いについて

  1. 本学が保有する個人情報は、「個人情報の保護に関する法律」等の法令を遵守するとともに、「北海道科学大学個人情報保護規程」に基づき、保護に万全を期しています。
  2. 出願に当たってお知らせいただいた氏名、住所その他の個人情報については、①入学者選抜(出願処理、選抜実施)、②合格発表、③入学手続、④入学者選抜方法等における調査・研究、⑤これらに付随する業務を行うために利用します。
  3. 入学者選抜に用いた試験成績の個人情報は、入学者選抜方法等における調査・研究を行うために利用します。
  4. 各種業務での利用に当たっては、一部の業務を本学より当該業務の委託を受けた業者(以下、「受託業者」という。)において行うことがあります。業務委託にあたり、受託業者に対して、委託した業務を遂行するために必要となる限度で、お知らせいただいた個人情報の全部あるいは一部が提供されます。
  5. 出願に当たってお知らせいただいた個人情報は、合格者のみ入学後の①教務関係(学籍、修学指導等)、②学生支援関係(健康管理、奨学金申請等)、③授業料等に関する業務を行うために利用します。

心身に障がいを有する入学志願者の事前相談について

心身に障がいを有する志願者は、出願前に必ず本学入試課に電話(0120-248-059)で相談してください。
そのうえで、下記の内容を記載した相談書(様式は定めません)を郵送等の方法で提出してください。
本学が必要と判断した場合は志願者本人、出身校関係者等との面談を行います。
なお相談書及び事前面談の内容については、入学試験の合否には一切関係ありません。
 1.志願者本人の氏名、性別、生年月日、住所、連絡先の電話番号
 2.出身校名、卒業(見込)年月
 3.出願予定の本学入学試験
 4.志望学部・志望学科名
 5.障がいの種類・程度(医師の診断書又は身体障害者手帳の写しを添付してください)
 6.受験及び修学上希望する具体的措置
 7.現在に至る生活状況等(主として授業関係)
 8.その他参考となる事項

感染症罹患により入学試験を欠席した場合について

学校保健安全法施行規則で出席停止が定められている感染症(インフルエンザ・はしか等)にかかり、治癒していないために本学入学試験を欠席する場合は、当該入学試験にかかる検定料を返還いたします。
下記の要領で手続を行ってください。なお、追試験などの特別な措置は、筆記試験、面接試験等いずれの場合も行いません。

注:大学入試センター試験利用入試のみ出願の場合は検定料返還の対象となりません。

(返還例)

一般入試に出願 30,000円返還
一般入試・大学入試センター試験利用入試併願 20,000円返還
大学入試センター試験利用入試のみ出願 返還対象外

●感染症罹患時の手続方法

1.受付期限内に本学入試課へ電話連絡をしてください。

 受付期限:欠席する入学試験日前日の15:00まで
 連絡先:北海道科学大学 入試課
     フリーダイヤル 0120-248-059 TEL 011-688-2381(直通)
    (受付日は土日祝日を除く月曜~金曜となります。)
※申請受付期限内に連絡することなく欠席した場合は、検定料の返還はいたしません。

2.以下の申請書類を提出してください。

 ①検定料返還申請書(本学指定様式)※電話による申請受付後に本学から郵送
 ②診断書(以下の内容が記載されているもの)
  病名:学校保健安全法で出席停止が定められている感染症名
  加療期間:欠席した入学試験日が含まれているもの