NEWS

お知らせ

2022年04月04日

ていぬ活用委員会の退任式が行われました

手稲区のマスコットキャラクター「ていぬ」の活用委員会に、人間社会学科の学生が委員として毎年参加しています。
2019-2021年度にかけては、同学科の蔵野耕平さんと坂本優海さんの2名が活動し、蔵野さんは副委員長を務めました。
この度、両名の大学卒業に伴い、2022年3月22日(火)開催のていぬ活用委員会において退任セレモニーが行われました。

ていぬ活用委員会では、マスコットキャラクターを活用した地域活性化を目的として、着ぐるみの活用、関連グッズの開発、イベントへの参加などの活用をしています。2020-2021年度は新型コロナウイルス感染症の影響で思うようにイベントを行うことができませんでしたが、3年間、地域の方々や役所の方々と共に、委員としての任務を全うしました。

お疲れ様でした。
4月からは人間社会学科の新3年生が引き継ぐ予定です。