春の薬用植物園

施設紹介一覧春の薬用植物園

薬用植物園の
四季

雪解けとともにオウレンの小さな白い花が開花した後、エゾエンゴサク、カタクリやニリンソウなどのスプリング・エフェメラル(早春植物)の世界がスタートします!


オウレン
Coptis japonica Makino
(キンポウゲ科 Ranunculaceae)

生薬名:黄連 Coptidis Rhizoma

雪のまだ残る4月中旬の薬草園の林床に春の日が入ると、最初に花が咲く植物の一つです。オウレンの根茎には非常に苦味の強い薬用成分「ベルベリン」が含まれており、根茎の断面はオレンジ色がかった濃い黄色(黄連の「黄」色)をしています。
漢方薬では黄連解毒湯などに配合される生薬として、また西洋薬でも胃腸に効果のある苦味健胃薬・下痢を止める止瀉薬として利用されています。

オウレン


フキノトウ:アキタブキ
Petasites japonicus Maxim. subsp. giganteus Kitamura
(キク科 Compositae)

雌雄異株の多年草で本州北部から北海道に自生しています。フキノトウとよばれる若い花茎は雪解けとともに顔を出し始め、雌花は成長すると大きなもので1mを超える事もあります。
漢方薬としては用いられませんが、民間薬としての利用は報告されています。中国では根茎を蜂斗菜と呼び、扁桃炎にうがい薬として、また日本ではフキノトウを煎じて風邪や咳止め・去痰に用いています。
また、フキノトウは蕗味噌や天ぷらに、フキの茎は煮物などなど、山菜・野菜としても春の代名詞と言えるかもしれません。

フキノトウ:アキタブキ


エゾエンゴサク
Corydalis ambigua Cham. et Schltdl.
(ケシ科 Papaveraceae)

東北から北海道に自生する多年生草本で、本学薬草園では4月中旬から5月上旬にかけて開花します。花の形がヒバリ(ギリシャ語でコリュドス)の頭に似ているところからコリダリスと名づけられたと言われています。
類縁種のチョウセンエンゴサク(Corydalis turtschaninovii)の塊茎は日本薬局方に収載される医薬品「延胡索」として利用されています。エゾエンゴサクの塊茎にも「延胡索」中に含まれる成分のベルベリン型アルカロイドであるコリダリン、プロトピンなどを含んでおり、薬用にも用いられていました。
また、アイヌにとってこの塊茎は春に採取できる大切な食料で、水に晒した後、しばらく乾燥し食用に供していました。
夏には地上部が枯れて長い休眠に入るスプリング・エフェメラルです。

エゾエンゴサク


カタクリ
Erythronium japonicum Dence.
(ユリ科 Liliaceae)

本州中部以北から北海道に自生する多年性草本で、本学薬草園では4月下旬から5月中旬にかけて開花します。「片栗」の漢字は、食用にする根の鱗片が栗の片割れに似ていることからあてられたと言われています。
球根から「片栗粉(かたくりこ)」を採っていたが、現在スーパーで販売されている片栗粉は大部分が馬鈴薯でんぷんです。他にコムギデンプン、トウモロコシデンプンが流通しています。カタクリの球根から取った「片栗粉」は消化がよく病後の滋養用に使われ、飲食が進まぬ病人には「片栗粉」を湯にたてて飲ませていたといわれています。

カタクリ


ナニワズ
Daphne kamtschatica var. jezoensis Ohwi
(ジンチョウゲ科 Thymelaeaceae)

本州中部以北から北海道に自生する落葉低木で4月中旬から6月上旬にかけて開花します。ジンチョウゲほど濃厚ではありませんが、春らしくほのかに甘い香りを放ってくれます。
夏に落葉し赤い実をつけ、秋には若葉をつけ、初冬には蕾をつけ、そのまま越冬するちょっと変わった植物です。この様に夏に落葉することから「ナツボウズ」とも呼ばれる。また、樹皮が柔らかく、丈夫で鬼でも縛れるとの意味で「鬼縛り」とも呼ばれる。

ナニワズ


ハクモクレン
Magnolia denudata Desr.
(モクレン科 Magnoliaceae)

生薬名:辛夷 Magnoliae Flos

中国原産のモクレン科の落葉樹で、4月の下旬から5月にかけて開花する高木です。
ハクモクレンやモクレンの蕾を乾燥したものを生薬「辛夷」として薬用として用い、鼻詰まりなどの症状を和らげる作用があります。漢方薬では葛根湯加川芎辛夷という処方に配合され、鼻閉、鼻汁をともなった風邪時には重用されます。
蕾の化学成分には、シトラール、オイゲノール、ピネンなど快い芳香をもつ精油が含まれており、春先の開花時期には心癒される良い香りをふりまきます。

ハクモクレン


クロユリ
Fritillaria camtschatcensis Ker-Gawl
(ユリ科 Liliaceae)

高山または北方の草原に生える多年生草本で、高さ10~50cmくらい。アイヌは鱗茎を食用として冬期用の保存食に利用し、また花弁を薄紫色に染める染料に利用してきた。染色の本体はアントシアン類である。本植物は薬用に利用されていない。(花期:6月上旬~6月下旬)

クロユリ


アミガサユリ
Fritillaria verticillata Willdenow var. thunbergii Baker
(ユリ科 Liliaceae)

高さ30~80cmの多年生草本で釣鐘形の花を下向きにつける。淡黄色の花の内側には、網目のような紋がある。薬用には鱗茎を用いるが、貝に似た二つの鱗片が割れて中から球根が出てくる様子を、母が子供を抱く姿にたとえて貝母と言われている。貝母は鎮咳・去痰を目的とした漢方処方に配合されている。二つの鱗片は、栗に似るため、日本では古来「ハハクリ」と呼んでいた。貝母は薬鶏(やくけい)(貝母鶏(ばいもけい))を作る際の飼料となっており、貝母鶏は呼吸器系虚弱なものの治療及び体質改善を目的とした薬膳料理の素材となっている。(花期:5月中旬~6月初旬)

アミガサユリ


ラッパスイセン
Narcissus pseudonarcissus L.
(ヒガンバナ科 Amaryllidaceae)

冬~早春を花期とする多年生草本である。スウェーデンからスペインにおよぶ範囲に自生し、最も栽培される種である。学名のNarcissus(ナルキッソス)は、泉に映った自分の姿に恋焦がれて疲れ果て、ついには死んでしまうが、その後にこの花が咲いたというギリシア神話の青年の名にちなむ。スイセンの鱗茎は消腫薬に用いられ、はれものや乳腺炎、乳房炎の時に、すりおろした汁を小麦粉に混ぜクリーム状にし患部に直接塗布する。ただし、全草に有毒成分を含むので、内服では使用されない。(花期:5月上旬~5月下旬)

ラッパスイセン


オダマキ
Aquilegia flabellata Sieb. et Zucc.
(キンポウゲ科 Ranunculaceae)

広く庭園に栽培される観賞用の多年草で全体粉白を帯びる。茎は直立し高さ20~40cm、根生葉は長柄を有し、2~3回三出複葉で、帯白色を呈する。小葉は広いくさび形で2~3裂し、裂片は扇状をなして鈍頭歯牙をもつ。初夏茎の上部に枝を分ち、頂に青紫色、時に白色の美花を下向きに着ける。花は花弁状の5がく片と、強く内曲し先端に距を有する5花弁、多雄ずい、5雌ずいからなる。同属のヤマオダマキA.buergeriana Sieb. et Zucc.は我が国の山地に広く自生し、がく片はかっ紫色または淡黄色、距は細長く内曲しない。その他観賞用に栽培される外国種もある。いずれも有毒であるがA.vulgarisは根、種子、全草を月経困難などに用いる。(花期:4月~6月)

オダマキ


サンショウ
Zanthoxylum piperitum DC.
(ミカン科 Rutaceae)

和歌山、兵庫、岐阜、静岡県などに産するが、人家にも植えられる落葉低木で多く分枝し、枝の表面には葉の基部に1対ずつの刺がある。葉は互生し小葉は5~9対で卵形または長卵形、わずかに凹頭、鈍きょ歯緑、葉には油室があり、もめば芳香を生ずる。雌雄異株で5月黄色の小花を複総状花序に開き、秋に表面に小さい凹凸のある果実を結び、裂開して黒色の光沢のある1種子を包む。成熟した果実を山椒、濁椒といって精油2~4%等を含む。芳香性健胃整腸剤、苦味チンキ原料、解毒、殺虫剤などに用いる(花期:5月)

一覧へ戻る