ニューストピックス

メディアデザイン学科の学生が前田森林公園でフィールドワークを行いました

2021年4月27日

メディアデザイン学科3年前期の授業「クリエイティブディレクションⅢ」の第一課題では、本学最寄りの都市公園「前田森林公園」の「カナール(運河)」を対象にした課題設定を行っています。課題内容は、同公園の空間特性を生かした大学生ターゲットの参加型アートやワークショップを企画立案し、実施イメージをグラフィカルに描くことです。

 

2021年4月19日に実施した現地フィールドワークはあいにくの雨天スタートでしたが、履修生約60名は、全長600メートルのカナールの歩測と、同公園管理事務所長の金本氏より公園造成のあゆみや札幌市内の各都市公園の特長などに関するレクチャーを受けました。

 

 

 

 

 

前田森林公園は、本学から徒歩15分にある地域固有の魅力的な環境ですが、ほとんどの学生にとって利用機会のない場所です。大学生年代はこのような公園資源だけでなく、公共施設や地域資源全般の利用が少ないのが現状です。だからこそ、履修生一人ひとりが、手稲山をのぞむこの壮大な景観をどのように読み取り、ここでしか体験することのできない価値創造を思い描くのか、今後の授業展開が楽しみです。

 

 

なお、当授業のテーマ設定は「+PIT手稲歩く観光・教育研修ルート創造プロジェクト」の一環として実施しています。

興味を持ったら・・・
メディアデザイン学科 手稲歩く観光・教育研修ルート創造プロジェクト 前田森林公園

一覧へ戻る

印刷

news-topics

HUSナビ

就職支援サイトHUS就職

資料請求