ニューストピックス

ひらめき☆ときめきサイエンス「もう冬道で転ばない!滑りの仕組みを調べよう!」を開催しました

2021年1月20日

2021年1月9日(土)、小学5、6年生を対象に義肢装具学科 敦賀健志教授による、ひらめき☆ときめきサイエンス「もう冬道で転ばない!滑りの仕組みを調べよう!」を開催しました。

 

 

「ひらめき☆ときめきサイエンス」とは、日本学術振興会から交付される科学研究費助成事業により行われている最先端の研究成果を小・中学生に体験・実験・講演を通じて分かりやすく紹介し、見る・聞く・触れることで科学の興味深さやおもしろさを感じてもらうものです。

 

現在は、新型コロナウイルス感染症の防止対策として定員の大幅減、都度の換気、手指消毒、マスク着用を徹底し開催しています。

 

 

はじめに、敦賀教授より「危ない!冬道での転倒!」と題した講座が行われました。

 

 

その後、履物に使用されるさまざまな素材を用いて「氷の上での滑りやすさ」を計測しました。

 

 

 

研究に使用される器具や電卓を用いた実験でしたが、学生のサポートもあり順調に進めることができました。

 

 

 

冬道の歩き方という、自分の生活と切っても切り離せない題材を用いたこのプログラムは、身近な科学に興味を持つきっかけになったのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

一覧へ戻る

印刷

news-topics

HUSナビ

就職支援サイトHUS就職

資料請求