ニューストピックス

薬学科の山佳織講師が小学生を対象とした体験教室「くすりを知ろう!わくわく体験」を行いました

2021年1月15日

2021年1月9日(土)13時より、 本学にて薬学科の山佳織講師が小学生を対象とした体験教室「くすりを知ろう!わくわく体験」を行いました。

 

この教室は、北海道科学大学と北海道電力株式会社  科学であそぼ「おもしろ実験室」との共催で企画し、 小学校5、6年生の16名と保護者の方を対象に実施いたしました。

 

はじめに、今回のテーマである「薬」に関して「薬剤師の仕事内容」や「薬学部で学ぶこと」について、わかりやすく説明しました。

 

続いて、3つの体験実習を行いました。

1つ目は「軟膏作り」です。軟膏ベラを使い、軟膏板の上で2種類の薬をきれいに混ぜ合わせ、軟膏ツボに移すという体験をしてもらいました。ムラなく混ぜ合わせるコツなどを聞きながら、みなさん熱心に作業されていました。

 

2つ目は「アロマスプレー作り」です。精製水、エッセンシャルオイル、エタノールを混ぜて、自分の好きな香りのアロマスプレーを作りました。

 

3つ目は「薬用入浴剤作り」です。好きな生薬を組み合わせ、必要な量をはかり、袋につめます。組み合わせによる身体への効果も考えながら、自分だけのオリジナル薬用入浴剤を作りました。

 

アシスタント役をつとめた本学薬学科の学生5名のサポートの下、 参加した子ども達は保護者の方と一緒に楽しみながら、体験実習を行っていました。

 

体験終了後は、本学薬学部棟(B棟)の施設内を見学し、本学教員が研究を行っている実験研究室や模擬薬局、シミュレーター室、無菌注射剤調製室などを見ていただきました。

 

今回の体験を通して、大学のことを身近に感じられたのではないでしょうか。

興味を持ったら・・・
山佳織先生 薬学科 

一覧へ戻る

印刷

news-topics

HUSナビ

就職支援サイトHUS就職

資料請求