ニューストピックス

「地域活動と社会貢献」の授業で猿払村若手職員の方々と学生達の交流を行いました

2020年11月17日

2020年10月28日(水)に全学科必修科目である「地域活動と社会貢献」の授業の一コマで「大学と地域社会〜北海道科学大学の取り組みを中心に〜」というテーマで講義を行い、猿払村若手職員の方々と学生達の交流を行いました。

 

 

この授業は全学科の必修科目であり、今回実施したのはメディアデザイン学科の荏原准教授が担当する建築学科3年生向けの授業の一コマです。この一コマについて、電気電子工学科の木村尚仁教授が依頼を受け、「大学と地域社会〜北海道科学大学の取り組みを中心に〜」というテーマで授業を行いました。

大学の地域社会連携への取り組みについて紹介し、解説する内容であり、約30分間、猿払村の若手職員の方々と学生達との交流を実施しました。

 

猿払村からは、産業課水産商工林務係、企画政策課企画係、総務課財政管財係の方が、大学側は建築学科の3年生が参加しました。

 

オンラインで猿払村の職員の皆様から猿払村の魅力やご自身のお仕事のことを学生に紹介して頂き、質疑応答を行いました。

オンラインを通しての交流会は、学生にとって有意義な交流の機会となったことと思います。

興味を持ったら・・・
北方地域社会研究所(RINC) 木村尚仁先生 電気電子工学科 荏原小百合先生 メディアデザイン学科

一覧へ戻る

印刷

news-topics

HUSナビ

就職支援サイトHUS就職

資料請求