ニューストピックス

メディアデザイン学科の学生が地域イベントを題材にしたDTPデザイン課題に取り組んでいます

2020年6月19日

メディアデザイン学科の授業「DTPデザイン」では、地域イベントの実践者を取材対象に、雑誌の特集ページを想定した取材・編集デザインに取り組んでいます。取材協力は、北海道最大級のトレイルランニング大会「SAPPORO★テイネトレイル」を2018年より手稲山で展開するフィールズ・スポーツデスク代表の野々山晴之氏と、病気と闘う子供たちにクリスマスプレゼントを届けるチャリティイベント「札幌サンタファン(北海道グレートサンタラン)」を2013年より有志で行う柴本岳志氏です。

 

2020年6月9日(火)10時40分~12時10分に、この課題の第一段階として、上記ゲストの話題提供回を実施しました。今年度は遠隔会議システムを用いて各地を繋ぎ、両ゲストの実績についてご紹介いただきました。履修生はまず、野々山氏より、大学拠点エリアの手稲で行われているアウトドア・スポーツの話、そして、運営面で特に力を入れているという大会参加者への自然環境保全や地域理解に対する啓蒙活動について聴きました。柴本氏からは、病院でクリスマスを過ごす地域の子供たちとご家族へ、個々人の想いをサンタクロースたちのパレードとして形にするイベントの話、そして、札幌の雪景色を彩る「明るいチャリティ」の光景への願いを聴きました。

 

 

 

 

 

お二人の話題提供を受けて履修生からは、『2イベントとも、フォトレポートにはたくさんの人の笑顔が写っている。顔も名前も知らない人を笑顔にできる、自分もそんな機会に関わってみたい』などのコメントがありました。

 

今後は、履修生がそれぞれの視点でオリジナルの特集企画を練り、二者への個別取材にのぞみます。今年度の不確定な状況下にも関わらず、ご協力いただいている関係各位に改めて感謝申し上げます。

 

[取材協力]

SAPPORO★テイネトレイル

https://teine-trail.com/

札幌サンタファン

https://www.santafun-sapporo.com/

興味を持ったら・・・
メディアデザイン学科  

一覧へ戻る

印刷

news-topics

HUSナビ

就職支援サイトHUS就職

資料請求