ニューストピックス

来学時の行動及び体温が37.0度以上、もしくはその他の風邪症状により、授業(遠隔授業含む)を欠席する場合について

2020年5月1日

5月11日から遠隔授業が開始となります。

大学で受講する場合は、事前に申請し、許可されることが必要になります。
許可された学生のみ来学が可能となりますが、より一層の感染予防対策を講じるべく、来学する学生は、以下の行動を遵守してください。

 

 

1.    来学前の行動について

○必ず体温測定を行い、体調記録用紙に体温や体調等を記録してください。
<来学しない、もしくは直ちに帰宅すべき基準>
体温が37.0度以上
・体温にかかわらず風邪症状がみられたり、体調不良の時
上記の基準に該当する場合、来学せず欠席してください。
○マスクを準備してください。
マスクがない場合は、布マスクや手作りマスク等で対応してください。
文部科学省 子供の学び応援コンテンツリンク集「マスクを作りたい!」

 

2.    来学時の行動について

○来学時に体温測定を行います。
自宅で37.0度未満であっても、来学時に体温が37.0度以上あることがわかった場合、直ちに帰宅していただきます。
○大学内では、マスクを必ず着用してください。

 

3.    体温が37.0度以上、もしくはその他の風邪症状がみられ、授業(遠隔授業含む)を欠席する場合について

発熱等による欠席の報告フォーム https://forms.gle/L2ByKHafZJup7Zv76 で症状等の報告
を行ってください。(Googleへのログインが必要です)
○上記報告フォームにより、報告があった場合、インフルエンザ等と同様の「出席停止」という
措置を取ります。
○報告がない日の欠席は、通常の欠席としての扱いになりますのでご注意ください。
○3日以内に症状が消失した場合は、登校の再開が可能ですが、体調記録等は続けてください。
○再登校の際には、G棟1階の教務課(短大部はE棟1階の短大部事務課)に出席停止記録管理簿を提出してください。

 

4.    その他

一般的な感染予防対策、新型コロナウイルス感染症の相談・受診の目安、新型コロナウイルス感染症に感染及び感染が疑われる場合の報告については、新型コロナウイルス感染症について第10報を確認してください。


以上
北海道科学大学 学生支援センター
保健管理センター

 

一覧へ戻る

印刷

news-topics

HUSナビ

就職支援サイトHUS就職

資料請求