ニューストピックス

北海道新聞社との共催事業「胆振東部地震1年『防災・減災 はじめの一歩』」を開催します

2019年8月21日

学校法人北海道科学大学は、8月21日(水)に北海道新聞社と包括連携協定を締結しました。

このことを記念し、9月21日(土)に共催で「北海道科学大学・北海道新聞社包括連携協定記念フォーラム  胆振東部地震1年『防災・減災 はじめの一歩』」 を開催します。

詳しくはチラシ(PDFリンク)をご覧ください。

 

「包括連携協定記念フォーラム」では、胆振東部地震で甚大な被害を受けた被災地の行政トップ、専門家、現地で取材した記者を交えて、私たち自身や地域を守るための防災・減災について、みなさんと一緒に考えます。 

 

既に事前の参加申し込みは締め切りましたが、まだお席に若干の余裕があります。

参加ご希望の方は直接会場にお越しください。

なお、ご入場は事前申し込みの方の入場後となります。

予めご了承ください。

 

【「北海道科学大学・北海道新聞社包括連携協定記念フォーラム

         胆振東部地震1年『防災・減災 はじめの一歩』」 】
日  時:2019年9月21日(土)13:30~16:00(13:00入場開始)
会  場:道新ホール(札幌市中央区大通西3丁目6 北海道新聞大通館8階)
主  催:北海道新聞社、学校法人北海道科学大学

後  援:国土交通省北海道開発局、北海道、札幌市、厚真町
参加費:無料
対  象:一般の方

 

【基調講演】
・大木 聖子 慶應義塾大学環境情報学部 准教授

「人を育む・未来を創る ~防災を通した教育~」

 

【パネルディスカッション】

コーディネーター 菅井 貴子 (気象予報士・防災士)

パネリスト

・宮坂 尚市朗(厚真町町長)
・大木 聖子(基調講演講師)

・岩崎 あんり(北海道新聞記者)
・福島 明 (北海道科学大学 工学部 建築学科 教授)
・久賀 久美子(北海道科学大学 保健医療学部 看護学科 准教授)

 

【合唱 ~北海道の未来に希望を~】
・北海道科学大学高等学校合唱部
(2018年10月 北海道高等学校文化連盟全道大会優勝ほか)

 

趣 旨:

昨年9月6日の胆振東部地震発生から1年が経ちました。あの地震の記憶は薄らぎはじめていないでしょうか。

阪神大震災を機に地震学者を目指したという新進気鋭の地震研究者・大木聖子慶応大学准教授に、被害を防ぐために、あるいは軽減するために、私たちが今からできることは何かをお話いただきます。

胆振東部地震で甚大な被害を受けた被災地の行政トップ、専門家、現地で取材した記者を交えて、私たち自身や地域を守るための防災・減災について、みなさんと一緒に考えます。 

 

【基調講演講師について】

慶應義塾大学  環境情報学部 准教授  
大木 聖子(おおき さとこ) 


専門は地震学・災害情報・防災教育など。高校1年生の時に起こった阪神・淡路大震災を機に地震学を志す。  
2001 年北海道大学理学部地球惑星科学科卒業、2006 年東京大学大学院理学系研究科にて博士号を取得後、カリフォルニア大学サンディエゴ校スクリプス海洋学研究所にて日本学術振興会海外特別研究員。
2008 年 4 月より東京大学地震研究所助教、2013 年 4 月より現職。
主な著書に、『超巨大地震に迫る-日本列島で何が起きているのか』(纐纈一起教授との共著,NHK 出版新書)、『地球の声に耳をすませて』(くもん出版),『地震防災はじめの一歩』(東京堂出版)など。2012 年 9 月『情熱大陸』,2014 年 11 月『朝日新聞 フロントランナ ー』ほか。 

 

興味を持ったら・・・
株式会社北海道新聞社と連携協定を締結しました  

一覧へ戻る

印刷

news-topics

HUSナビ

就職支援サイトHUS就職

資料請求