ニューストピックス

メディアデザイン学科の学生作品が「札幌オリンピックミュージアム2019 夏休み企画」に採用されました

2019年7月23日

2018年度メディアデザイン学科3年後期授業「デジタルクリエーション」で課題制作された学生グループの作品が、8月10日(土)、11日(日)、17日(土)の3日間、全9回開催される「札幌オリンピックミュージアム2019 夏休み企画~スポーツ×工作ワークショップ~」に採用されました。

 

今年度5月より、学生グループ4名にさらに有志学生が加わって提出課題をブラッシュアップ。4歳以上の子どもたちに45分間のワークショップを楽しんでもらうため、ワークショップ全体を再構成し、作業内容などを伝えるグラフィカルな資料を制作しています。また、ポスターデザインは、メディアデザイン学科4年の石原愛恵さん、菅原彩さん及び担当教員の道尾淳子講師が制作し、札幌市内の各公共施設に掲示されています。

 

 

 

ワークショップタイトルは「牛乳パックで作って遊ぼう!」です。北海道・札幌にゆかりのある冬季スポーツ「カーリング」と「スキージャンプ」を題材に、家庭にあるリサイクル可能な素材「牛乳パック」主に使い、立体感のある卓上ゲームを作り上げてもらいます。

 

イベントについて詳しくはこちら(札幌オリンピックミュージアムHP)

 

ご興味のある方は、お子様連れで、ぜひ大倉山へお越しください!

興味を持ったら・・・
メディアデザイン学科 道尾淳子先生 

一覧へ戻る

印刷

news-topics

HUSナビ

就職支援サイトHUS就職

資料請求