ニューストピックス

2019年度 100日間セーフティラリー開会式を行いました

2019年6月5日

2019年6月3日、A106講義室において2019年度 100日間セーフティラリーの開会式を行いました。

 

本学ではセーフティラリーを、学生及び教職員の交通安全意識の向上を図るための大学行事として、学生組織の協学会が中心となって毎年実施しています。26回目となる今年は6月3日(月)から9月10日(火)までの100日間、135チーム、484名で期間中の無事故・無違反を目指します。

 

開会式には、セーフティラリーに参加する学生・教職員が出席し、来賓として北海道札幌方面手稲警察署交通第一課長の鈴木健氏にお越しいただきました。

 

はじめに主催者を代表して、協学会委員長の室井遥さん(建築学科3年)と、見山克己学生支援センター長からの挨拶があり、続いて体育局副局長の佐藤来さん(人間社会学科4年)から参加者を代表して交通安全宣言がありました。

 

 

 

 

その後は鈴木健氏の講話が行われ、ドライブレコーダーに記録された実際の事故映像を紹介しながら、自動車を運転する上での心構えなどをお話しいただきました。

 

 

 

セーフティラリーを無事達成できるよう、安全運転で無事故・無違反を目指しましょう。

一覧へ戻る

印刷

news-topics

HUSナビ

就職支援サイトHUS就職

資料請求