ニューストピックス

都市環境学科の亀山修一教授が講演会「北の大地を拓いた先駆けの"みち"Ⅱ~近代から現代への〝道〟整備と技術革新~」で講演します

2019年5月29日

2019年6月7日(金)、一般社団法人 建設イノベーション推進機構主催の講演会「北の大地を拓いた先駆けの“みち”Ⅱ~近代から現代への〝道〟整備と技術革新~」において、都市環境学科の亀山修一教授が講演します。

 

この講演会は、〝道〟づくりの成り立ちや、歴史を踏まえながら、未来志向的観点から「未来への〝道〟づくり」の動機を醸成する場とすることを主旨として開催されるものです。今回、亀山教授は「北海道における舗装の重要性」のタイトルで講演を行い、新たなステージを迎えた舗装の維持管理と北海道における舗装の重要性についてお話しします。

 

「北の大地を拓いた先駆けの“みち”Ⅱ~近代から現代への〝道〟整備と技術革新~」

【日 時】2019年6月7日(金) 12時50分~17時45分

【会 場】北海道立道民活動センター「かでる2・7」かでるホール

【定 員】500名(参加申込みが必要です)

【参加費】無料

 

申込み方法等その他詳細についてはこちらをご覧ください。

開催チラシはこちら

 

興味を持ったら・・・
亀山修一先生 都市環境学科 

一覧へ戻る

印刷

news-topics

HUSナビ

就職支援サイトHUS就職

資料請求