ニューストピックス

本学教員が札幌手稲高等学校の総合学習のゼミ講師を担当しました

2018年12月21日

平成30年11月29日(木)、12月6日(木)、12月13日(木)、12月20日(木)の4日間、札幌手稲高等学校が実施した平成30年度2年次総合学習(学び探究ゼミ)で、本学教員がゼミ講師を担当しました。

 

この総合学習(学び探究ゼミ)は、生徒の皆さんが主体的に進路選択を行うことにより、自己実現に向けて高校在学中および卒業後の学習に前向きに取り組み、職業人として社会に貢献できる人材を育成することを目的に、2年生317名を対象に実施されたものです。

 

今年度は、情報工学科の真田博文教授、稲垣潤教授、鈴木昭弘助教、建築学科の福島明教授、魚住昌広准教授、薬学科の佐藤久美教授、小松健一教授、看護学科の林裕子教授、宮田久美子講師、山本道代講師がゼミを担当しました。

また2回目の12月6日(木)は、本学で薬学と看護学の実習を実施し、大学ならではの実践的な体験授業を行いました。

 

 

 

 

【開講ゼミ】

テーマ:Scratchでプログラムを作ってみよう!

講 師:情報工学科 真田博文教授・稲垣潤教授・鈴木昭弘助教

受講者:13名

 

テーマ:寒冷地の住宅における省エネルギーとCO2削減対策を考える

講 師:建築学科 福島明教授・魚住昌広准教授

受講者:5名

 

テーマ:薬は、どのようなしくみで効くのだろう?薬の作用を動物実験(マウス)で確かめよう

講 師:薬学科 佐藤久美教授・小松健一教授

受講者:22名

 

テーマ:身体可動性が低下した人への移動に関する看護を学ぼう!

講 師:看護学科 林裕子教授・宮田久美子講師・山本道代講師

受講者:19名

興味を持ったら・・・
情報工学科 建築学科 薬学科 看護学科

一覧へ戻る

印刷

news-topics

HUSナビ

就職支援サイトHUS就職

資料請求