ニューストピックス

本学教員が「企業と研究者のポスター・パネル展」において、研究展示を行いました。

平成30年12月13日

平成30年12月10日(月)、札幌ビューホテル大通公園で行われた「企業と研究者のポスター・パネル展」において、本学教員が研究パネル展示を行いました。

 

「企業と研究者のポスター・パネル展」は、札幌市及び札幌商工会議所が主催するフォーラム(『これからの産業とさっぽろの未来 ~医療関連産業の集積に向けて~』)の会場において、企業・研究者の事業・研究内容を発信し、交流する場として、ポスター・パネル展が併設開催されました。

 

本学からは4名の教員による3テーマのパネル展示をそれぞれ行いました。

①薬学科の三原義広講師は「「生き物」のように水中を自由に動き回るゲルビーズの開発」について展示

②義肢装具学科の昆恵介教授と理学療法学科の春名弘一講師は「脳卒中片麻痺者に対する調整可能カーボン製短下肢装具の開発」と題し、昨年度ノーステック財団より採択を受けた「札幌ライフサイエンス産業活性化事業(事業化支援補助金)」の研究について展示

③理学療法学科の加藤士雄准教授は「VRを用いたリハビリテーションに関する研究」と題し、8月にノーステック財団と札幌市が主催した「健康・医療分野 新規参入セミナー」の講演内容について展示

 

 

 

本学の研究活動についてはこちら

 

    

 

研究シーズ集 2016-2017    研究シーズ集2017-2018 

興味を持ったら・・・

 三原義広先生 昆恵介先生 春名弘一先生 加藤士雄先生  

一覧へ戻る

印刷

news-topics

HUSナビ

キャリアアシストサイト

資料請求