ニューストピックス

メディアデザイン学科でゲームエンジン講演会が開催されました

平成30年11月8日

平成30年11月6日(火)、メディアデザイン学科の科目「3Dコンピュータグラフィックス」を履修している学科2年生を主な対象として、世界最高のハイエンドゲーム制作エンジンであるUnrealEngine4(アンリアルエンジン)の講演会が開催されました。

 

メディアデザイン学科では、昨年度からマルチメディア・ラボ(E302教室)において、UnrealEngine4入門のための科目を北海道の大学としては初めて開講しています。

 

UnrealEngine4は、ドラゴンクエストXIやヨッシー、キングダムハーツ、ストリートファイターVなどの日本の有名タイトルゲームの制作に使用されている、リアルタイム表現やインタラクティブ表現において最強のハイエンドゲームエンジンです。また、このエンジンの開発会社であるエピック・ゲームズは、人気ゲームのFortnite(フォートナイト)も制作しています。

 

今回は、エピック・ゲームズ日本法人のコミュニティ・マネージャーである今井翔太氏を講演者としてお招きし、ハイエンドゲームや世界的に有名な自動車会社とのコラボレーション、Apple社での最新のAR利用、VRでのゲーム制作編集などの最新情報を紹介いただきました。

興味を持ったら・・・
メディアデザイン学科 UnrealEngine 

一覧へ戻る

印刷

news-topics

HUSナビ

キャリアアシストサイト

資料請求