ニューストピックス

中学生と保護者を対象とした体験薬剤師教室を開催しました

平成30年10月9日

平成30年9月30日(日)、北海道科学大学講義棟(A棟)及び薬学部棟(B棟)において、中学生と保護者を対象に「親子のための体験薬剤師」を開催しました。

 

このイベントは、薬剤師という仕事や薬学部での学びの一端に触れてもらうため、毎年、大学祭の時期に合わせて行なっています。

当日は中学生21名とご家族22名の合計43名にご参加いただきました。

 

 

 

はじめに、何故薬剤師が必要なのか、薬の種類はどれくらいあるのかなどを学んだ後、「模擬調剤体験」で、実際に薬局で使用している機器を使い、薬剤師の調剤業務を体験しました。

続いて、ミニ講座「飲んだくすりはどこへ行くの?~くすりの生体内運命~」では、薬を必要な部位に必要な量だけ届けるドラッグデリバリーシステムといった最先端の研究に触れました。

 

 

 

 

 

その後、「ミクロの観察!顕微鏡で『植物の細胞』や『自分の細胞』を見てみよう!見れるかな?」で玉ねぎの根の標本を作り、顕微鏡で細胞分裂などを観察した他、漢方入浴剤やアロマスプレーづくりにも挑戦しました。

最後には、普段なかなか見ることのできない模擬薬局や無菌注射剤調整室、実験研究室などを見学しました。

 

 

 

 

 

参加した中学生は、薬学部の学生に教わりながら真剣に取り組んでいました。

今回の体験を通して、「薬剤師」という職業にさらに関心を持っていただくことができ、薬学への興味にも繋がったのではないでしょうか。

興味を持ったら・・・
薬学科  

一覧へ戻る

印刷

news-topics

HUSナビ

キャリアアシストサイト

資料請求