ニューストピックス

北海道科学大学公開講座を開催しました

平成30年8月31日

平成30年8月27日(月)、北海道科学大学(A棟)A106講義室において、北海道科学大学公開講座を開催しました。

 

この公開講座は、前田キャンパスにある北海道科学大学・同短期大学部のすべての学科より各1回、全15回の講座を予定しております。

第4回の今回は、臨床工学科の渡邉翔太郎助教による「医療機器のスペシャリスト!臨床工学技士の仕事と医療機器を使った治療の原理」をテーマとする講座を行いました。

 

実は皆さんも治療などで大変お世話になっている臨床工学技士。「いのちのエンジニア」とも呼ばれる臨床工学技士の活躍する姿を動画を用いて分かりやすく説明しました。また、医学と工学の学際的な学問である、「臨床工学」からみた治療の原理についてもお話があり、実際に医療現場で使用されている医療機器をいくつか紹介しました。

 

 

 

講座の中では、透析装置を使い、コーヒー牛乳を血液に見立てた実験を行いました。ろ過したコーヒー牛乳は、カラメル色素と牛乳成分にきれいに分離され、人工透析で血液中の老廃物を取り除く様子を再現しました。

 

 

今回の講座を通して、臨床工学技士の仕事と医療機器を使った治療の原理について理解を深めていただくことができたのではないでしょうか。

 

今後開催予定の北海道科学大学公開講座にも、是非ご参加ください。

興味を持ったら・・・
渡邉翔太郎先生 臨床工学科 

一覧へ戻る

印刷

news-topics

HUSナビ

キャリアアシストサイト

資料請求