ニューストピックス

都市環境学科の亀山修一教授と学生が前田小学校と連携し「歩道バリアフリー調査」を行いました

平成30年7月12日

平成30年7月9日(月)、都市環境学科の亀山修一教授と4年生16名が前田小学校の5年生と「歩道バリアフリー調査」を行いました。

 

この活動は、前田小学校との連携教育として行われている出前授業の一環であり、ユニバーサルデザインとバリアフリーに関する授業、屋外での実地調査、調査結果のまとめを3週に渡って行います。

 

2回目の授業である今回は亀山教授から概要説明を受けた後、屋外での実地調査が行われ、3人1組のグループに都市環境学科の学生1名が付き、小学校付近の6つのルートの調査を行いました。

調査の中では、歩道の幅が狭い上、路上駐車・駐輪が多く歩行者の妨げになっていることや、点字ブロックが破損していることなど、学生と協力をしながら多くの問題点を見つけていました。

 

 

 

 

 

実地調査終了後、前田小学校に戻り、見つけた問題点などをグループごとにまとめました。3回目の授業は、7月13日(金)に行われ、グループごとに調査結果のまとめが発表される予定です。

 

 

興味を持ったら・・・
 都市環境学科  亀山修一先生

一覧へ戻る

印刷

news-topics

HUSナビ

キャリアアシストサイト

資料請求