ニューストピックス

北海道札幌あすかぜ高等学校(1・2年生)の生徒の皆さんが、本学で体験型連携授業を受講しました

平成29年8月28日

平成29年8月24日(木)と25日(金)、北海道札幌あすかぜ高等学校の1・2年生471名の生徒の皆さんが本学を訪れ、体験型連携授業(高大連携教育)を受講しました。

 

この高大連携教育は、本学と北海道札幌あすかぜ高等学校との間で締結されている「連携教育に関する覚書」に基づくもので、本学の教員が実験・体験型授業を行い自然科学、工学、保健医療学・人文社会科学に対する理解と学習意欲を高めるとともに、地域の科学技術及び実学の教育活動の普及に寄与することを目的に実施しています。

 

8月24日(木)は、1年生の生徒の皆さん314名が訪れ、全27テーマの中から、また25日(金)は、2年生の科学フィールドの生徒さん157名が訪れ、全13テーマの中から各自が希望した2講座又は3講座の体験型授業を受講しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生徒の皆さんは、大学の講義を体験することで、実学の一端と大学生活を感じることができたのではないでしょうか。

興味を持ったら・・・
 高大連携  

一覧へ戻る

印刷

news-topics

HUSナビ

就職支援サイトHUS就職

資料請求