ニューストピックス

「リフレッシュ理科教室」を開催しました

平成28年12月27日

平成28年12月23日(金・祝)、本学において「リフレッシュ理科教室」(主催:(公社)応用物理学会 後援:札幌市教育委員会、電気学会北海道支部、電子情報通信学会北海道支部)を開催しました。

 

「リフレッシュ理科教室」は、電気系モノづくりの楽しさを知ってもらい、未来の研究者・技術者をめざす子ども達を増やすことを目的に実施しています。

北海道工業大学時代の2007年に第1回を開催、2008年から今のようなモノづくり講座の形をスタートさせ、今年で9年目になりました。

 

当日は、地域社会創生研究所所長であり電気電子工学科の木村尚仁教授や本学学生のサポートを受けながら、親子で科学工作を体験してもらいました。

 

 

 

午前の部は、「でんきモノづくり講座」を実施し、小学生38名と保護者の皆さんが「くるくる踊るリモコンカー」を作製しました。

歓声をあげながらリモコンカーを走らせたり、くるくる踊らせたり、車体に絵を描いたりして、最後まで楽しんでいる様子でした。

 

 

午後の部では、中学生向けの「電子工作&プログラミング講座」を実施し、オリジナルの「マイコン制御の迷路ゲーム」を作製し、全員見事に作品を完成させました。

今回は初めての試みとして、デジタルチームの学生3名が内容を企画して準備を行いました。また、木村尚仁教授のサポートのもと、当日の講師や指導役も務めました。

 

 

 

参加した皆さんは、今回の経験を通して、モノづくりの楽しさと達成感を感じてもらえたのではないでしょうか。

 

興味を持ったら・・・
電気電子工学科 木村尚仁先生 地域社会創生研究所 平成27年度実施の様子 

 

一覧へ戻る

印刷

news-topics

HUSナビ

就職支援サイトHUS就職

資料請求