電気電子工学科|ゼミナールガイド

鈴木 和彦ゼミ
化合物半導体の結晶成長と電気的・光学的性質に関する研究
佐々木 正巳ゼミ
積雪情報の計測システムの開発及び資格取得支援システムの開発に関する研究
木村 尚仁ゼミ
有機分子エレクトロニクスに関する研究
三橋 龍一ゼミ
コンピュータ応用に関する研究
小島 洋一郎ゼミ
五感代替センシングデバイスによるloTに向けた食品の識別評価に関する研究
増田 貴宏ゼミ
超弦理論の強結合領域の解析
矢神 雅規ゼミ
再生可能エネルギー導入拡大に向けた電力システムの運用・制御に関する研究
一戸 昌則ゼミ
北海道の電力系統の特殊性を考慮した再生可能エネルギー導入拡大の可能性に関する研究
横山 和義ゼミ
非線形波動方程式に関する研究
渡部 智希ゼミ
光計測による生体成分及び透明位相物体の検出に関する研究
一戸 善弘ゼミ
スマートグリッドにおける再生可能エネルギーに関する研究

工学部電気電子工学科 矢神ゼミ

再生可能エネルギーで、社会を変える。未来を変える。

再生可能エネルギーを安定かつ効率よく利用するための研究を行っています。

太陽光発電、風力発電などに代表される再生可能エネルギー。社会における必要性がますます高まっていますが、電圧や周波数が安定しないという問題があります。必要な時に必要な量の電力を効率良く利用できるよう、発電設備や電力システムの構成、運用、制御方法について研究しています。具体的には、再生可能エネルギーと蓄電池を組み合わせ、充放電量を適切に制御することによって送電電力を安定化する、再生可能エネルギーを電源とする小規模電力ネットワークを構築して、地域間で電力を融通し合える地産地消型の新しいエネルギー供給システムを構築するといった研究です。
また、北海道には冬季に発電・蓄電性能が低下するという積雪寒冷地ならではの課題があるため、それらを解決するための研究も行っています。北海道は冬季の電力使用量が多く電力需要が高いのですが、太陽光発電はパネルに積雪するなどして発電量を増やせません。そこで、自治体や企業と共同して、積雪回避制御を適用した追尾式太陽光発電システムを開発したり、気温が下がっても充放電効率が低下しない寒冷地仕様のリチウムイオン蓄電池の実証試験を行っています。
「再生可能エネルギー」は、北海道にこそ必要なものです。その意味では、やりがいがあり社会の中で実際に生きる学問を学ぶことができるゼミだと思います。

矢神 雅規 教授
Masaki Yagami
・学位/ 博士(工学)
・研究分野/ 電気機器工学、電力工学
・研究テーマ/ 再生可能エネルギー導入拡大に向けた電力システムの運用・制御に関する研究

学生の実力アップにもつながる産学連携。

地域に根ざした寒地技術の研究など、本学が長い歴史をかけて蓄積してきた研究実績、そして日々導入されている最先端の技術。本学では、これらの貴重な研究資源を産業界、ひいては地域社会に還元するため、工学全般から医療科学、メディアデザイン関連まで、さまざまなフィールドで産学連携を推進し、実用化・製品化などへ結びつけることをめざしています。ここで紹介する2つの新しい研究所も、産学連携プロジェクトの一環です。本学の学生たちも研究員のひとりとして参加し、こうした環境に身を置くことにより、最新の研究や設備、プロフェッショナルの仕事を体感しながら実力を向上させることができます。

  • 寒地未来生活環境研究所
  • 寒地先端材料研究所
  • 北方地域社会研究所
  • 北の高齢社会アクティブライフ研究所
  • 学部の関連施設
  • 学科の教員紹介
  • 大学院のご案内