電気電子工学科|科目・特色

学びのステップ
1年次

まずは、電気・電子の世界に興味を持ってもらうことが狙い。そこで、ハンダ付けなど自ら手を動かして、ものづくりを体感できる科目を設定。自分で作ったものが動く感動を得ることを導入教育として位置づけています。

2年次

将来なりたい姿や就きたい仕事を見据えながら、各分野の専門の学びがスタート。1年次に覚えた知識と技術を応用していくのに必要となる「専門の基礎」を学んでいきます。また、講義だけでなく、実験科目も豊富です。

3年次

専門の学びをより深めていきます。エネルギー系は、電気主任技術者をはじめとした資格に関わる授業が充実。エレクトロニクス系は、「エンベデッドシステム実験」やスマートフォンにも搭載され始めたFPGA開発に欠かせない「ハードウェア記述言語 HDL」など、仕事の現場ニーズに合わせた科目が用意されています。

4年次

卒業研究が中心となります。本学科独自に行っているのが合同ゼミ。3〜4のゼミが集まり、各自の研究を定期的にプレゼンしています。プレゼンの練習になるだけでなく、他の研究からヒントを得られるメリットがあります。

科目ピックアップ

電気電子工学基礎実験

フレッシュマンセミナー

入学早々、自分の手を動かしながら作ったものが動くところを実体験することで「ものつくり」の楽しさや感動を味わってもらうのが、このフレッシュマンセミナー。ブレッドボードやハンダ付けによる回路製作を実施していますが、毎年「動いた~」、「やった~」、「すごい!」という驚きや感動に満ちた声が飛び交います。

エンベデッドシステム実験Ⅰ

エンベデッドシステム実験Ⅰ

様々な家電製品や携帯端末、医療機器などに組み込まれているコンピュータシステムについて、ハードとソフトの両面から勉強できるのが、このエンベデッドシステム実験。例えばLEDがキラキラ光るちょっとした理系アクセサリーの開発やVR関連機器にも搭載されている三軸加速度センサをテーマにすることで、遊び心も加えながら進めていきます。そして将来、誰もが使うような機器に組み込むコンピュータシステムの開発に夢を繋げていきます。

主な開講科目

基本教育科目

  • 1年次、情報処理法/情報管理法/人間の理解/社会の理解/英語/フレッシュマンセミナー/体育実技/日本語表現法
  • 2年次、統計分析法/英語コミュニケーション/自己管理と社会規範/日本国憲法
  • 3年次、ビジネススキル/他者理解と信頼関係 /地域活動と社会貢献

工学基礎教育科目

  • 1年次、電気数学入門/基礎物理/基礎化学
  • 2年次、電気数学/工業数学/物理学
  • 3年次、工業外国語技能

専門教育科目

  • 1年次、電気電子工学概論/電気回路/回路演習/プログラミング入門
  • 2年次、基礎エネルギーシステム工学/基礎エネルギー変換工学/基礎電子回路/デジタル回路/エネルギー基礎実験/デジタル実験/電気工事演習/情報処理技術演習
  • 3年次、電力発生工学/パワーエレクトロニクス/センサー工学/システム制御工学/医用電子工学/エネルギー変換実験/エンベデッドシステム実験/HDL演習
  • 4年次、電験総合演習/リモートセンシング/卒業研究
  • 学部の関連施設
  • 学科の教員紹介
  • 大学院のご案内