都市環境学科|ゼミナールガイド

白石 悟ゼミ
海洋構造物の計画・設計に関する研究
山本 泰司ゼミ
気候変動が沿岸構造物や海岸環境に及ぼす影響に関する研究
亀山 修一ゼミ
舗装の診断と維持管理、道路景観の評価と保全、歩行空間のユニバーサルデザイン
川端 伸一郎ゼミ
地盤の凍上対策工法に関する研究
今野 克幸ゼミ
化学劣化を受けたコンクリートの力学的特性に関する研究
石田 眞二ゼミ
次世代の都市計画技法と都市デザインに関する研究
細川 和彦ゼミ
積雪地域における太陽光発電システムの適用に関する研究
井田 直人ゼミ
地域航空システムに関する研究など
福原 朗子ゼミ
化学教育・環境教育に関する研究
木内 伸洋ゼミ
湿原湖沼群の水環境に関する研究

客員教授一覧

浦田 康滋
交通計画・国土・地域計画
増田 泰
環境保護、公益財団法人知床財団 事務局長
明楽 みゆき
音楽・港湾文化交流、現代版北前船プロジェクト代表

工学部 都市環境学科 石田ゼミ

災害に強く、正しく、美しいまちづくり。

都市計画の観点から、災害に強いまちをつくる。電線類を地中化することで防災・減災となる電線共同溝の整備効果を研究しています。

シーニックバイウェイに代表される道路景観評価に関する研究やバリアフリー・ユニバーサルデザインの研究を行ってきましたが、近年は特に、防災・減災に向けた「電線共同溝」の整備効果に関する研究に力を入れています。
電柱・電線類を地中に埋める電線共同溝は、多くの災害が起こる日本において有効な施設です。災害時に電柱が倒れると、電気・電話が使えなくなるほか、道路をふさいでしまうため避難・救助活動の大きな妨げとなります。そこを電線共同溝にすることで、こうしたリスクが軽減されることが実証されています。また、空が広く見えて景観が良くなり、車椅子の方や子どもたちが電柱によって狭くなった歩道を通れない場合にも効果的です。しかし、日本は電線共同溝の整備が遅れています。整備に莫大なコストがかかり優先的に整備する手法を確立する必要があるほか、水道管やガス管などがすでに埋まっているため、場所ごとに構造を考えねばならないのが現状。早急な整備が必要と考えています。
ゼミでは、電線共同溝の基礎や必要性を学びます。整備効果を裏付けるため、実際のまちの写真を撮り、さまざまな指標から優先的に整備すべき場所を検証。電柱の見えない未来を目指して、効率良く電線を埋める設計を考え、CADを使った演習も行います。
美しいだけではなく、人にやさしく、有事の時のリスクも少ない。そんなまちづくりの研究を続けています。

・学位/ 博士(工学)
・研究分野/ 都市計画、地域計画
・研究テーマ/ 次世代の都市計画技法と都市デザインに関する研究

学生の実力アップにもつながる産学連携。

地域に根ざした寒地技術の研究など、本学が長い歴史をかけて蓄積してきた研究実績、そして日々導入されている最先端の技術。本学では、これらの貴重な研究資源を産業界、ひいては地域社会に還元するため、工学全般から医療科学、メディアデザイン関連まで、さまざまなフィールドで産学連携を推進し、実用化・製品化などへ結びつけることをめざしています。ここで紹介する2つの新しい研究所も、産学連携プロジェクトの一環です。本学の学生たちも研究員のひとりとして参加し、こうした環境に身を置くことにより、最新の研究や設備、プロフェッショナルの仕事を体感しながら実力を向上させることができます。

  • 寒地未来生活環境研究所
  • 寒地先端材料研究所
  • 北方地域社会研究所
  • 北の高齢社会アクティブライフ研究所
  • 学部の関連施設
  • 学科の教員紹介
  • 大学院のご案内