建築学科

北海道ならではの建築を学び、建築界のニーズに応える人材へ。

近年、高度化と総合化が急激に進んでいる建築の世界。その多様なニーズに応えるべく、社会人に不可欠な教養や能力を身につける「基本教育科目」、工学部において必要な基礎を学ぶ「工学基礎教育科目」を開講するとともに、建築を学ぶために基礎、基盤となる「専門基礎教育科目」及び「専門基盤教育科目」を1、2年生で修得した上で実務的な科目群「専門実務教育科目」を学ぶカリキュラムを構成しています。また、北海道という地域に根ざした大学として、積雪寒冷地に対応する建築の設計に必要な講義・演習内容を用意していることも大きな特長です。

専門性を身につけた建築のプロフェッショナルへ

人材養成の目的

建築学科では、社会生活を送るうえで必要となる知識・理解、汎用的技能、態度・志向性、創造的思考力の習得のもとに、建築に関する総合的な知識・技術を基盤として、積雪寒冷地の諸条件を考慮した建築計画手法や建築技術を習得し、地域社会に貢献できる次のような建築設計者・建築技術者を養成する。

1
風土、歴史、文化などを踏まえた建築や都市空間をデザインする能力を有する建築設計者
2
健康で快適な生活環境や環境負荷が小さく省エネルギー化を実現した建築空間を創出する建築設計者・技術者
3
これまでの自然災害による被害を踏まえ、建築空間の長寿命化を考慮した構造安全性及び耐久性を創出する建築設計者・技術者
4
建築分野の総合的な専門知識と設計技術を基盤に、敷地やその周辺環境、あるいは、気象条件に適した施工技術を選定し、建築物の品質管理・生産管理を行う建築技術者