薬学科|ゼミナールガイド

医薬化学 伊藤慎二・山岸丈洋・高梨香織・齋藤貴士・三原義広
・天然成分のがん化学予防効果に関する研究
・物理化学的手法による疾患関連タンパク質の構造解析と薬剤候補化合物の探索
・リン原子の特性を利用したホスフィン酸誘導体の合成
医薬化学 和田浩二・山下 浩
・アイヌ伝承の薬用及び食用植物の生理活性成分の探索研究
・抗がん薬を目指した天然化合物誘導体の開発研究
医薬化学 水上徳美・鈴木裕治
・含窒素中員環を有する生物活性物質の合成
・天然有機化合物の抽出・分離精製・全合成と反応最適化に関する研究
医薬化学 吉岡忠夫・金田京介・馬場暁子・坪和幸司
・医薬品の効率的合成法に関する研究
・医薬品の求電子性代謝物の構造活性相関
・新しい有機合成プロセスによる生物活性物質の合成研究
生命科学 江川祥子・伊藤萌子・中田章史
・アデノシンデアミナーゼ2を中心とした自己炎症疾患関連酵素の生理的機能の解明
・放射性物質汚染地域に生息する野生動物の放射線影響評価
生命科学 桜井光一・平山早苗・加納誠一朗
・ミトコンドリア機能障害に起因する細胞死に関する研究
・肥満ストレスに対する生体防御機構に関する研究
・アレルギー反応誘発時の循環動態増悪因子と改善法の探索研究
薬理学 佐藤久美・高栗 郷
・インスリンシグナル伝達系における細胞膜メタロプロテアーゼADAM17の役割
・小胞体ストレスによるインスリンシグナル伝達障害のメカニズム解明
薬理学 前田伸司・小松健一・若命浩二
・メタボリックシンドロームモデルマウスを用いた天然物の機能性研究
・細菌の細胞壁合成に関与する酵素と合成メカニズムに関する研究
薬剤学 丁野純男・戸上紘平・多田 均
・近未来の実用化を目指した高度機能性ドラッグデリバリーシステムの創製
薬剤学 渡辺一弘・佐藤隆司・鈴木夏子
・食品由来成分と医薬品の機能性と安全性評価
公衆衛生学 立浪良介・佐藤恵亮
・健康維持・疾病予防を指向した細胞のストレス応答に関する研究
薬物治療学 早川 達・佐藤秀紀・山田武宏・大滝康一
・がん・感染症・CKDその他薬物療法及び病院薬剤師業務の適正化に関する研究
・抗菌薬の副作用発現機序解明とその軽減策を目指した基礎・臨床研究
・患者ケアに関わる業務(在宅・かかりつけ薬剤師・病棟業務など)の質及び薬剤師の資質に関する研究
薬物治療学 三浦 淳・町田麻依子・山 佳織
・認知症性疾患の病態・薬物治療に関する遺伝学的・生化学的研究
・抗がん剤による腸管障害および末梢神経障害に関する基礎および臨床研究
臨床薬理学 猪爪信夫・戸田貴大・今田愛也・向 祐志
・薬物の体内動態と臨床効果の個体差に関する研究
・妊婦に用いる薬物の適正使用に関する研究
・Dried blood spotを用いた来院不要な治療薬物モニタリングシステムの確立
臨床薬剤学 山下美妃・守屋寛之・千葉健史
・薬剤師業務の支援に関する研究
・個別化医療の発展のためのゲノム薬理学に関する研究
・乳腺の生理機能と母乳成分に関する研究
薬事管理学 櫻井秀彦・野田久美子
・薬剤師職能と薬局機能に関する実証研究
・社会薬学的課題解決のための調査研究
地域医療薬学 古田精一・坂東 勉・伊東佳美・梅田純代
・地域医療における薬剤師の役割に関する研究
薬学教育学 野呂瀬崇彦・高橋 淳・大野裕昭・武田香陽子・藤本哲也・村岡千種
・学部教育、実務実習及び生涯学習を含めた薬学教育の資の向上に関する研究
・医療現場における患者支援、多職種間の情報共有、人材育成等を含めた教育・学習支援に関する研究
医療英語 大野拓恵・板倉宏予・加藤隆治
・薬学部におけるESP(English for Specific Purposes)研究
・薬剤師の現場における英語需要に関する調査研究

学生の実力アップにもつながる産学連携。

地域に根ざした寒地技術の研究など、本学が長い歴史をかけて蓄積してきた研究実績、そして日々導入されている最先端の技術。本学では、これらの貴重な研究資源を産業界、ひいては地域社会に還元するため、工学全般から医療科学、メディアデザイン関連まで、さまざまなフィールドで産学連携を推進し、実用化・製品化などへ結びつけることをめざしています。ここで紹介する2つの新しい研究所も、産学連携プロジェクトの一環です。本学の学生たちも研究員のひとりとして参加し、こうした環境に身を置くことにより、最新の研究や設備、プロフェッショナルの仕事を体感しながら実力を向上させることができます。

  • 寒地未来生活環境研究所
  • 寒地先端材料研究所
  • 北方地域社会研究所
  • 北の高齢社会アクティブライフ研究所
  • 学部の関連施設
  • 学科の教員紹介
  • 大学院のご案内