診療放射線学科|科目・特色

学びのステップ
1年次

基本教育科目では、フレッシュマンセミナーなどの科目を通じて、卒業までの教育概要を理解した上で、各授業の目的や重要性を認識してもらいます。専門基礎教育科目では放射線技術学のベースとなる放射線物理学や放射線生物学を導入します。また、早期の臨床体験で実際の医療現場における診療放射線技師やその他の医療職の業務を見学することで医療人を目指して学ぶ意義と将来目標を明確にします。

2年次

放射線技術学に関する専門教育科目が開講されます。また、第1種放射線取扱主任者の資格取得のために必要な放射線計測学などの講義を組み込み、試験合格を目指します。この資格は、病院内の放射線治療装置などの放射線安全管理を担う責任者として必要な資格であり、診療放射線技師国家試験にもつながるものです。

3年次

後期からの臨床実習Ⅰに備えるために、診療画像技術学Ⅳでは撮影方法の確認や画像解剖などの知識の整理、患者の接遇などについて学びます。臨床実習は主に札幌市内の病院にて行います。また、後期に卒業研究のための研究室を決定し、自らが興味のある分野の研究テーマを担当教員の指導の下で専門性を重視した研究に取り組む準備をします。

4年次

前期に開講される臨床実習Ⅱでは臨床実習Ⅰで修得した知識や技術に基づいて、臨床実習病院で更なる臨床での応用力を修得します。また、放射線技術学に関する実践技術の総仕上げと知識の整理を行い、より高度な専門科目に取り組むことでそれぞれの知識技術力向上に努めます。通年にわたる卒業研究では、総合的な問題解決能力の醸成を目指します。さらに、国家試験受験に向けた4年間の知識と技能の整理、統合を行います。

科目ピックアップ

医用画像情報学演習

診療画像機器学実験

医療現場において診療放射線技師は、さまざまな画像診断機器を取り扱います。それらの機器を理解するためには、実際に自分たちが操作をすることで、習得できることが多くあります。そこで2年後期より開講するこの科目では、大学に設置されている最新の画像診断機器を使い、放射線発生の基礎から画像評価までを実践的に取り組みます。

診療画像技術学実験

診療画像技術学実験

国家試験の必須科目でもあるこの授業は、画像診断において重要な役割を果たすX線撮影装置、CT装置、MRI装置、超音波装置の撮影手技に関する実験を通して、知識を修得。画像検査に必要な基礎的技術やデジタル画像の特性について学びます。さらに人体ファントムを用いて各種装置で撮影し、臨床実習に役立てます。

主な開講科目

基本教育科目

  • 1年次、基礎数学/基礎物理学/基礎化学/基礎生物学/情報処理法/日本語表現法/英語/フレッシュマンセミナー/プロジェクトスキル/人間の理解/社会の理解
  • 2年次、統計分析法/英語コミュニケーション/自己管理と社会規範
  • 3年次、他者理解と信頼関係/地域活動と社会貢献

専門基礎教育科目

  • 1年次、人体の構造と機能/薬理学/病理学/放射線物理学/放射線生物学/病院管理学概論/応用数学
  • 2年次、公衆衛生学/臨床医学概論/生命倫理学/医用工学/放射化学/放射線計測学
  • 4年次、解剖生理学演習

専門教育科目

  • 1年次、チーム医療論/画像解剖学Ⅰ(AG、CT)
  • 2年次、診療画像機器学/診療画像技術学/画像解剖学Ⅱ(MRI、US、眼底)/放射線治療技術学
  • 3年次、核医学検査技術学/医用画像情報学/放射線安全管理学/関係法令/看護学概論/臨床実習Ⅰ
  • 4年次、医療安全管理学/臨床実習Ⅱ/総合演習/卒業研究
  • 学部の関連施設
  • 学科の教員紹介
  • 大学院のご案内