理学療法学科|ゼミナールガイド

宮坂 智哉研究室
障がい者、高齢者の生活支援や安全に関する研究
河口 明人研究室
社会医学・地域医療・包括ケアシステム・動脈硬化予防に関する研究
田中 敏明研究室
高齢者・障がい者の健康・医療・福祉に関する理学療法学・福祉リハビリテーション工学研究
田中 勇治研究室
姿勢の安定性と足趾屈曲力の関係
川嶋 恵子研究室
喫煙防止教育に関する研究
加藤 士雄研究室
IT技術を用いたリハビリテーションに関する研究
春名 弘一研究室
中枢神経系理学療法・バイオメカニクス・装具療法・評価機器の開発研究
佐藤 洋一郎研究室
動作に潜むメカニクスの解明
井野 拓実研究室
運動器疾患、スポーツ傷害に関するバイオメカニクス
鴨志田 麻実子研究室
呼吸器疾患患者のリハビリテーションに関する研究
棚橋 嘉美研究室
高齢者・障がい者の住環境に関する研究

保健医療学部 理学療法学科 田中(敏)研究室

医工連携でバリアフリーの世界をつくりたい。

人間生活に生じるバリアは人間が取り除く。医学と工学を融合させた製品開発で高齢者・障がい者が安心できる生活に貢献します。

運動学、リハビリテーション科学、人間工学、福祉工学を融合させ、高齢者・障がい者の健康や医療・福祉に関する機器、そして理学療法のリハビリテーション分野の治療に役立つ機器を研究しています。代表的な研究に、企業と共同開発製品化した「振動刺激付きバランス機器」があります。これは高齢者や障がい者がバランスを崩しそうになったときに足指や腰を振動で刺激しながら本人に伝えるというもの。バランストレーニングを行うことで転倒予防に貢献できます。ほかにも、ワンタッチでアイスピックを出し入れし、凍結路面や雪上でも使用できる「冬季用つえ」、腰を傷めずに除雪ができる「ユニバーサル除雪スコップ」など、北海道という特殊な土地で活用できる商品開発も行っています。
研究は現場でのニーズから生まれ、何ができるかというシーズの情報収集を行いながら進めます。企業や大学、研究所とのネットワークを構築し、科学的に何度も検証・評価しながら特許取得、製品化へとつなげます。長い年月がかかりますが、患者さんや障がい者が安心できる生活へ貢献したいという想いがあります。
ゼミでは医学と工学をテーマに、こうした機器開発に役立つ運動学の基礎分野を中心に指導します。医療従事者とものづくりという2つの立場で行動できる理学療法士を育成できればと考えています。将来的にこのゼミから新製品を生み出すことが夢ですね。

田中 敏明 教授
Toshiaki Tanaka
・学位/ 博士(工学)
・研究分野/ 理学療法学、福社工学、リハビリテーション工学、人間工学
・研究テーマ/ 高齢者・障がい者の健康・医療・福祉に関する理学療法学・福祉リハビリテーション工学研究

学生の実力アップにもつながる産学連携。

地域に根ざした寒地技術の研究など、本学が長い歴史をかけて蓄積してきた研究実績、そして日々導入されている最先端の技術。本学では、これらの貴重な研究資源を産業界、ひいては地域社会に還元するため、工学全般から医療科学、メディアデザイン関連まで、さまざまなフィールドで産学連携を推進し、実用化・製品化などへ結びつけることをめざしています。ここで紹介する2つの新しい研究所も、産学連携プロジェクトの一環です。本学の学生たちも研究員のひとりとして参加し、こうした環境に身を置くことにより、最新の研究や設備、プロフェッショナルの仕事を体感しながら実力を向上させることができます。

  • 寒地未来生活環境研究所
  • 寒地先端材料研究所
  • 北方地域社会研究所
  • 北の高齢社会アクティブライフ研究所
  • 学部の関連施設
  • 学科の教員紹介
  • 大学院のご案内