看護学科|科目・特色

学びのステップ
1年次

基本教育科目に加えて看護学の専門基礎教育科目、専門教育科目を導入します。看護学概論では、看護学の基本概念に関する学びを通して看護の役割を理解し、看護観を育成します。また、1年前期から、看護学基礎技術論・看護学基礎技術演習Ⅰがスタート。実践的な能力の養成に向けて講義はもちろん、演習を通して看護の基盤となる知識・技術・態度を学びます。さらに解剖生理学、疾病治療論などの学習から、人体の構造と機能の理解、主要疾患の成因・病態・診断・治療といった臨床で活用できる能力を養います。

2年次

成人・老年・小児・母性・精神・在宅看護学の講義・演習が始まり、より専門的な学習を深めます。各専門領域に特有な対象論・方法論は、豊富なグループワークや参加型学習を通して具体的に学習します。基礎看護学実習Ⅱでは、初めて看護の対象と出会い、これまで学んだ知識と技術を駆使しながら看護の基礎となる実践力を養います。

3年次

各専門領域の看護実践に必要なアセスメント能力や援助技術を実践的・具体的に学んだうえで、後期には各専門領域の臨地実習が始まります。病院や施設、地域で暮らすあらゆる発達段階や健康レベルにある対象者とその家族への看護実践を通して、科学的根拠に基づいた基礎的実践力を養います。また、他職種との連携・協働、チーム医療における看護師としての役割も学びます。

4年次

前期に開講される看護総合実習では、これまでに学んだ知識・技術を応用して患者を多角的に理解し、総合的視点から必要な看護の提供やマネジメントを実践的に学習します。また、通年にわたる卒業研究では、看護研究に関する思考力と創造性を養い、自らが目指す看護を探求し、高度な専門性を有した看護師となる基礎を培います。

科目ピックアップ

看護学基礎技術演習

看護学基礎技術演習

看護は対象者のより高い健康状態を提供するための実践の学問です。そのため、対象者の状態を把握する方法やケアを提供する具体的な方法論を学びます。本学では、学生同士で患者役・看護師役を交互に体験することで、技術の達成度の評価や与える影響を検討して、臨床実習までにしっかりと看護の基本を身につけます。

老年看護学援助論演習

老年看護学援助論演習

高齢者には加齢による特有の変化がおとずれます。その特徴を踏まえ、たとえ病弱であっても寝たきりであっても、最期までその人らしい生活を送れるように支えるための知識と援助技術を具体的に学びます。高齢者の自立した生活と、家族もともに支える看護について学習します。

主な開講科目

基本教育科目

  • 1年次、基礎数学/基礎物理学/基礎化学/基礎生物学/情報処理法/情報管理法/日本語表現法/英語/フレッシュマンセミナー/プロジェクトスキル/人間の理解/社会の理解
  • 2年次、統計分析法/英語コミュニケーション/自己管理と社会規範
  • 3年次、他者理解と信頼関係/地域活動と社会貢献

専門基礎教育科目

  • 1年次、感染免疫学/解剖生理学/病理学/栄養学/薬理学/病態学/疾病治療論/医療概論
  • 2年次、公衆衛生学/保健統計学/保健医療福祉論

専門教育科目

  • 1年次、看護学概論/看護学基礎技術演習/基礎看護学実習Ⅰ/看護過程演習/チーム医療論
  • 2年次、成人・老年・小児・母性・精神・在宅看護学概論及び援助論/ヘルスアセスメント/基礎看護学実習Ⅱ/老年看護学実習I
  • 3年次、成人・老年・小児・母性・精神・在宅援助技術論演習/看護倫理/看護学研究法/比較医療文化論/医療機器論演習/成人・老年・小児・母性・精神実習
  • 4年次、看護安全管理/終末期看護/在宅実習/看護総合実習/比較医療文化論演習/看護総合ゼミ/卒業研究
  • 学部の関連施設
  • 学科の教員紹介
  • 大学院のご案内