自動車工学科|科目・特色

整備から保険まで、学ぶ目標が明確な4つのコース。
自動車工学科からめざせる職業は、自動車整備士だけではありません。自動車業界のさまざまな分野で活躍できる人材を育成するため、目標別の4コースを設置。専門的な知識を深めることができるカリキュラムとなっています。

自動車工学科科目・特色

コース紹介

自動車整備コース

主にディーラーの整備工場などで働く自動車整備士をめざすコースです。自動車整備士に求められるハイブリッド車、電気自動車といった「自動車の新技術」や「顧客サービス管理」などの知識・技術を学びます。

技術開発コース

自動車づくりで求められる知識・技術を身につけることをめざすコースです。製造業で求められる「機械力学」「材料力学」などの知識・技術を学びます。

損害保険コース

損害保険会社で活躍する損害保険技術アジャスターなど、車体の整備に関する知識・技術を応用する職種をめざすコースです。損害保険業界で求められる「車体の損傷と修復」や「自動車保険論」などの知識・技術を学びます。

マネジメントコース

自動車業界の営業・販売職や経営者をめざすコースです。営業販売職や経営者に求められる「経営学概論」や「顧客サービス管理」などの知識・技術を学びます。

全コースで基本教育科目と二級自動車整備士認定科目を学ぶので、二級自動車整備士の受験資格が取得できます。
学びのステップ
4年制大学への編入学で、未来への道が広がります。
知識・技術を深めたい人は、系列校の北海道科学大学や
他の4年制大学へも編入学することが可能です。

入学時から段階的にバックアップし、編入学を実現します。
北海道科学大学とカリキュラム(基本教育科目や工学分野専門教育科目の一部)を共通化するなどの連携で編入学が身近となっています。

1年次

基本教育科目ならびに二級自動車整備士認定科目、専門教育科目(工学基礎科目)を中心に学びます。 自動車の基礎、構造・機能から順次ステップアップし、二級自動車整備士資格取得のために必要となる知識・技能を学びます。又、自動車に携わるエンジニアとしての基礎となる知識を学びます。 講義だけでなく、実験実習も通して学びを深めます。

2年次

将来なりたい姿や就きたい仕事を見据えながら、各分野専門の学びがスタート。後期からは、二級自動車整備士資格試験の実技試験を免除する「整備講習」もスタート。

科目ピックアップ

自動車整備実験実習Ⅰ・Ⅱ

自動車整備実験実習Ⅰ・Ⅱ

実験実習Ⅰでは、自動車工学ならびに自動車整備を学ぶ上で必要な各種作業のうち、工作・測定作業、自動車整備作業、自動車検査作業について、工具・計測機器の使用方法、点検・検査の方法及び機器の取り扱い、分解・組立・調整の方法、故障原因の探究の方法を学びます。また、自動車主要部品の構造・機能を理解するとともに、データ処理の方法を学びます。実験実習Ⅱでは、自動車の整備技術及び整備に関する実験実習を通して、自動車各部の整備作業(エンジン・シャシ・電装品の点検、分解、組立、調整、検査及び故障原因探究)を行います。

機械製図

機械製図

機械を製作するには、その機械部品を図面に表現できなければなりません。この科目では、3DCADソフトを利用して三次元モデリングについて学びます。

主な開講科目

基本教育科目

  • 1年次、+Professionalセミナー/英語/プロジェクトスキル/ビジネススキル/情報リテラシー/日本語表現法
  • 2年次、統計分析法

自動車系專門教育科目

  • 1年次、基礎自動車工学/エンジン/電装/シャシ/自動車構造実験実習/機械製図/自動車法令/自動車整備実験実習
  • 2年次、自動車検査/自動車材料/故障原因探究/自動車整備実験実習/自動車工学実験実習

コース別指定選択科目

  • 2年次、自動車の新技術/機械力学/材料力学/車体の損傷と修復/自動車保険論/経済学概論/顧客サービス管理

専門教育科目(選択)

  • 1年次、基礎工学実験/機械加工実習/民法総論/損害保険総論
  • 2年次、自動車走行性能/板金・塗装実習/機械設計とCAD/熱力学
  • 学部の関連施設
  • 学科の教員紹介