メディアデザイン学科|科目・特色

学びのステップ
1年次

専門科目は、「ビジュアルデザイン系科目」、「3DCG・映像デザイン系科目」、「ゲーム・システムデザイン系科目」、「コミュニケーション・ビジネスデザイン系科目」に分かれます。2年次以降に高度な専門技術を学ぶための基礎を身につけるため、共通科目などの開講科目を通じて幅広く学びます。チームを組んで課題解決をするために必要なコミュニケーション能力も身につけます。

2・3年次

講義や演習を通じて一人一人が目標に向かって知識や技術を磨きます。具体的にはCG、3DCG 、Web、映像、プロジェクションマッピングやゲームなどの現実的なプロジェクトを通して、実践的な能力を養います。資格取得を目指す科目では、試験の合格が可能なレベルまでの知識修得を目指します。問題解決型学習の科目では、地域や社会の問題解決のために仲間と協働で、実践的な企画立案やデザイン、ゲーム・アプリ開発などを行います。より専門的で実践的な学習を通じて、自分の得意分野を発見・検証する期間でもあります。

4年次

これまでの学びを通してクリエイターやIT技術者に必要な専門的知識と技術を活かした卒業研究に取り組みます。オリジナルなテーマを設定し、文献や先行研究を調査し、新しい知識や技術を自ら学びながら、研究や制作を行います。

科目ピックアップ

ゲーム制作Ⅰ・Ⅱ

ゲーム制作Ⅰ・Ⅱ

ゲームを開発するための知識や技術を学ぶ科目です。授業は、実践的な知識と能力が身につくようなアクティブラーニング形式です。ゲームプランナーやグラフィックデザイナー、サウンドコンポーザー、プログラマーなどの職種を想定し、受講者はチームを形成してオリジナルゲームの企画とアプリ制作に取り組みます。

映像デザインⅠ・Ⅱ

映像デザインⅠ・Ⅱ

現役の映像クリエイター指導のもと、映像作品の制作方法を学ぶ科目です。企画の立案からシナリオ作り、演出方法、撮影や編集など、実際の現場で役に立つ学びを重視します。カメラや音響機器、編集機器などはプロ仕様の機材を用います。学生一人ひとりに役割を分担することで、責任感やチームワークを養うことができます。

主な開講科目

基本教育科目

  • 1年次、プロジェクトスキル/情報処理法/情報管理法/人間の理解/社会の理解/英語/日本語表現法/体育実技
  • 2年次、統計分析法/自己管理と社会規範/英語コミュニケーション/日本国憲法
  • 3年次、ビジネススキル/他者理解と信頼関係/地域活動と社会貢献

専門教育科目

  • 1年次、ベーシックデザイン/グラフィックソフト/デジタルコンテンツ/3DCGベーシック/ヒューマンインターフェース/デジタルコミュニケーション/情報システム/メディアデザイン演習
  • 2年次、クリエイティブディレクション/映像デザイン/3DCGアドバンスト/Webデザイン/ゲーム制作/プログラミング/プレゼンテーション
  • 3年次、ムービークリエイション/ビジュアルプレゼンテーション/DTPデザイン/視覚心理学/システムデザイン/人工知能/心理と社会の調査/情報ネットワーク/ビジネスデザイン/メディアと職業/プロジェクト演習
  • 4年次、ビジネスコミュ二ケーション/データサイエンス/卒業研究
  • 学部の関連施設
  • 学科の教員紹介
  • 大学院のご案内