人間社会学科|科目・特色|心理学専攻

《社会科学領域》と《人間科学領域》の4専攻

徹底した少人数教育&特色ある実践型教育で、一人ひとりの可能性を引き出します。

社会科学領域・人間科学領域

経営学専攻

人、モノ、お金、情報のマネジメントを学び、戦略的ビジネスリーダーをめざす

社会学専攻

社会科学の知識と社会調査のスキルを、地域の課題解決や新しい価値創造に生かす

心理学専攻

人の心を多角的に理解する方法を身につけることで、「心の時代」のニーズに応える

健康・スポーツ専攻

子どもから高齢者まで、生涯を通じた人々の健康づくりと社会の幸せに貢献する

心理学専攻

人の心について多角的に理解するための方法を身につけることで、カウンセリングをはじめとする対人支援の現場や、さまざまな実践的な場面で生かすことのできる人材を育成します。

心理学専攻

学びのステップ
1年次

外国語やITスキルなどの教養・大学で学ぶための基礎スキルに加え、学科共通科目として「人間科学領域」「社会科学領域」双方の概論を履修して、〈人間〉と〈社会〉への幅広い視野を養います。 後期からは、専門科目「臨床心理学概論」や「コミュニケーション心理演習」が始まります。

2年次

基礎心理学の各理論を学ぶ科目やカウンセリングの基礎理論などを幅広く学修します。また、心理学を研究する際に不可欠な研究方法は、「心理学研究法」「心理学実験」などを通して実践的に身につけることで、課題研究のための土台をつくります。

3年次

専門科目は、心の問題を抱えた人への理解やケア・サポートする力を養うための科目が中心となってきます。さらに、卒業研究の前段階として、個人で自分のテーマを設定して研究する「課題研究」に一年を通して取り組み、論文の書き方やプレゼンテーションの仕方など体験しながら身につけます。

4年次

学びの集大成である卒業研究に取り組みます。「自ら課題を発見し、科学的な手法を用いて調査・分析をし、解決への方策を考える」という卒業研究のプロセスは、社会に出てから必ず役に立ったと実感することでしょう。

科目ピックアップ
カウンセリング基礎理論

現場で比較的よく用いられている代表的な心理療法と、その背景にある基礎理論について学びます。日常生活のなかでの人間関係においても使えるスキルを身につけます。

カウンセリング基礎理論

コミュニティ心理学

対人支援のなかでも、コミュニティの中で用いられる方法は多種多様です。一見したところ無駄なように感じられる活動が、人を支援するための基盤になったりもします。コミュニティとの関わりの中から自分たちの発想をどう生かせるかについて学びます。

コミュニティ心理学

コミュニケーション心理演習

コミュニケーションの質は人生の質を左右します。授業ではロールプレイングなどの実践も取り入れ、言葉だけでなく表情やしぐさ等の多様なコミュニケーションについて分析します。

コミュニケーション心理演習

主な開講科目

基本教育科目

  • 1年次、情報処理法/情報管理法/人間の理解/社会の理解/英語/体育実技/日本語表現法/フレッシュマンセミナー/プロジェクトスキル
  • 2年次、統計分析法/英語コミュニケーション/自己管理と社会規範/日本国憲法
  • 3年次、ビジネススキル/他者理解と信頼関係/地域活動と社会貢献/日本語表現法

人間社会学科共通科目

  • 1年次、人間社会学概論/経営学概論/社会学概論/心理学概論/健康科学概論/コンピュータリテラシー/経済学概論
  • 2年次、人間社会基礎研究/人間社会応用研究/情報システム論/情報ネットワーク/経済変動論
  • 3年次、人間社会課題研究/経済政策論/地域経済論
  • 4年次、卒業研究

人間科学領域 共通科目

  • 1年次:コミュニケーション心理演習/臨床心理学概論/スポーツ実技/健康管理論
  • 2年次:発達心理学/教育心理学/心理学研究法/心理学統計法/心理学実験/心理実習/スポーツ心理学/生活習慣病論/栄養学
  • 3年次: コミュニティ心理学/健康教育学/司法・犯罪心理学/救急処置法

専門教育科目

  • 1年次: 認知心理学
  • 2年次: 心理実習/カウンセリング基礎理論 /学習心理学/心理学実験
  • 3年時:心理測定法/心理アセスメント/心理アセスメント実習/心理療法論/障害者(児)心理学/臨床心理事例研究
  • 4年生:被害者支援心理学/深層心理学
  • 学部の関連施設
  • 学科の教員紹介
  • 大学院のご案内