人間社会学科

地域社会の未来を創るために人間と社会を学ぶ4つの専攻

人間社会学科には4つの専攻が用意されています。人間の心と体に関することを学ぶ《人間科学領域》の「心理学専攻」と「健康・スポーツ専攻」。社会に関することを学ぶ《社会科学領域》の「経営学専攻」と「社会学専攻」です。 入学時に一つの専攻を選択し、4年間を通じて専門性を深めますが、他専攻の学びも取り入れて幅広く学ぶことも可能です。専門性と選択肢の多さを兼ね備えているところが人間社会学科の魅力です。
また、人間社会学科のもう一つの特徴は、人と社会の問題を発見・解決し、未来を創っていくための“思考力”や“想像力”、そして、人と力を合わせて行動する“実践力”を身につけることに重点を置いていることです。そのため、通常の講義形式に加え、ディスカッションやプレゼンテーションを行う授業、フィールドワーク、課題研究など、学生主体の実践的なカリキュラムが組まれています。

専門性を深め、活かす 少人数教育と実践的カリキュラム

人材養成の目的

人間社会学科では、社会生活を送るうえで必要となる知識、理解、汎用的技能、態度・志向性、コミュニケーション能力やリーダーシップ、創造的思考力の習得とともに、経営学、社会学、心理学、健康・スポーツの各分野に関する専門的知識、及び生涯成長し続けるための基盤となる生涯学習能力を有し、地域社会に貢献する次のような人材を養成する。

1
人、モノ、お金、情報の活用を学び、マネジメント力とコミュニケーション力を有した地域社会に貢献できる人材
2
社会学の知識と社会調査のスキルで現代社会を読み解き、新しい地域社会や価値の創造に貢献できる人材
3
対人関係及び人間の悩みや問題について、「こころ」を幅広い観点から学び、その理解をもとに「こころの時代」の多様なニーズに応える人材
3
超高齢社会を迎える日本において、生涯を通じた人々の健康づくりと幸せに貢献できる人材