建築学科

学科概要

近年の建築分野で進む急速な専門化への対応と、地域環境から地球環境までを視野に入れた循環型を目指す多様な社会の要請に応えるため、空間デザインコース、住環境システムコース、エンジニアリングコースの3コースの教育課程を備え、すべてのコースにおいて、建築学の各分野の基礎知識を修得した上で、各コースでの専門性を高めた教育を行う点に特徴があります。

空間デザインコースでは、風土、歴史、文化などを踏まえた建築空間をデザインする創造力と、その空間の快適性や安全性を確保する設計能力を、設計演習・デザイン演習を主としたカリキュラムで育成します。住環境システムコースでは、建物の中で健康で快適な生活環境を創るための建築環境と建築設備の技術を持ち、又雪国の自然を利用した新エネルギーシステムや、21世紀のテーマである地球環境に配慮した住環境システムについての実践的な技術を持つ技術者を育成します。エンジニアリングコースでは、建築空間の構造的安全性、耐久性、信頼性、快適性を創出するための建築構造・施工技術全般の専門知識と設計技術を持つ技術者、ならびに雪国特有の建築における課題に対応できる技術者を育成します。

教育目的

建築に関する総合的な知識技術を基盤に、その上に専門性を高めた各コース別カリキュラムで教育し、さらに積雪寒冷地の建築計画手法や建築技術をも修得した建築デザイナー、ならびに建築技術者を育成することを目的としています。

教育指針

建築空間や構造物、あるいはそのインテリアや住環境の快適さに興味があり、それらを創造することに関心がある学生を受け入れ、学生個々の興味と適性を尊重しながら、自らの意志で積極的に学ぶ力と、設計や実験などの演習と課題解決に熱心に取り組む姿勢を醸成し、建築の各専門分野の中から得意分野を見出すことができるよう支援することを、最も重視しながら教育にあたります。

教育・学習目標

1年次

学生個々人のキャリアに応じて必要とする修学基礎科目群と外国語、学部共通のコア科目群、学科の各コース共通科目である建築計画原論、建築一般構造、空間創造演習などについて教育・学習し、各コースにおいて本格的に専門技術の学習を可能にする基礎力を身につけるとともに、自分の得意分野を概括的に把握します。

2年次

空間デザイン、住環境システム、エンジニアリング各コースに関わる建築計画、熱・空気環境、建築構造力学、建築施工などの専門基礎科目群、及び基礎力向上支援のための修学基礎科目群と外国語について教育・学習し、各コースに専門化していくために必要な基礎知識を獲得します。

3年次

各コースでそれぞれ専門分化した科目群について重点的に教育・学習し、各コースにおける専門知識を修得、4年次の卒業研究に着手できる知識と素養を獲得します。さらに3年次までの建築に関する専門知識を総合演習で確実にします。

4年次

1年を通して卒業設計あるいは卒業論文を作成し、同時に4年次までの建築に関する専門知識を総合演習で確実にします。又将来建築設計者、建築設備システム技術者あるいは建築施工技術者として必要な倫理観を身につけ、共通的工学系科目を教育・学習します。これら総まとめの学修により、教育目的を達成します。

取得を目指せる資格

〔国〕は国家資格 〈 〉内は実施団体

本学科と関連の深い資格

建築士〔国〕
※2級、木造は卒業時に受験資格を取得。1級は、卒業後2年の実務経験で受験資格を取得
建築施工管理技士〔国〕
※卒業後、2級は1年、1級は3年の実務経験で受験資格を取得
建築設備士〔国〕
※卒業後、2年の実務経験で受験資格を取得
管工事施工管理技士〔国〕
※卒業後、2級は1年、1級は3年の実務経験で受験資格を取得
インテリアプランナー〈建築技術教育普及センター〉
商業施設士〈商業施設技術者・団体連合会〉
※卒業後、1年の実務経験で受験資格を取得
福祉住環境コーディネーター検定〈福祉住環境コーディネーター協会〉
コンクリート主任技士[技士]〈日本コンクリート工学協会〉
※卒業後、技士は2年、主任技士は4年の実務経験で受験資格を取得
CAD利用技術者試験〈コンピュータソフトウェア協会〉
宅地建物取引主任者〔国〕
土地家屋調査士〔国〕
不動産鑑定士〔国〕

その他の資格

技術士[技術士補]〔国〕
※卒業後、第1次試験の「共通科目」が免除
インテリアコーディネーター〈インテリア産業協会〉
マンション管理士〈マンション管理センター〉
色彩検定〈全国服飾教育者連合会〉
※空間デザインコース、住環境システムコースのみ対象
CADトレース技能審査〈中央職業能力開発協会〉

教員免許

高等学校教諭【工業】

将来目指せる職業

建築デザイナー
住宅デザイナー
構造デザイナー
建築設備システムエンジニア
インテリアデザイナー
建築エンジニア
住宅エンジニア
建築技術コンサルタント