情報フロンティア工学科

学科概要

世界中で膨大な情報が時々刻々発生しています。それらを利用した検索連動型ビジネスやロングテール型電子商取引(EC)などの新しいビジネス、電子マネーや電子クーポン、携帯電話を活用した新しいライフスタイルの創出など、IT(情報技術)によって高度情報化社会は目覚しく進展しています。このような中で求められるのは、様々な情報を効率よく生成して流通させ利用するための、高度で多様なコンピュータシステムやその基盤となるブロードバンド、ユビキタス、携帯電話やデジタル放送ネットワークなどの開発を担うことができるIT技術者の存在です。

情報フロンティア工学科は、高度情報化社会のニーズに対応するために、情報処理技術の実践力を身につけ、コンピュータシステムの開発を行う技術者を育成する知能ソフトウェアコース、社会の高度化に整合した各種ネットワークの設計・構築・運用ができるネットワークスペシャリストを育成する、モバイルユビキタスコースの二つのコースを設置しています。実習に重点を置いたカリキュラムで、次世代を担うITスキルを磨くことはもちろん、高度情報化社会の仕組みを理解することによって、コンピュータだけでなく、家、車、家電製品など様々な「モノ」がつながったユビキタスネットワークによるネットビジネスを創造できるよう、学習・教育する学科です。

教育目的

情報を自在に収集・加工するためのコンピュータリテラシをはじめとし、マルチメディア情報の生成・処理技術、コンピュータや携帯電話を用いたシステムの設計・構築技術、及びユビキタスネットワーク、LAN、インターネット、モバイルネットワークを統合したコンピューティングネットワークの設計・構築・運用・活用・ビジネス創成に関する、基本理論と実践技術について教育し、わが国及び北海道の産業活性化を実質的に支え得るエンジニアを育成することを目的としています。

教育指針

多様なキャリアを持つ入学生を受け入れ、それぞれの学生が存分の力を発揮できる教育プログラムを用意するとともに、自らの意思で学ぶ力を醸成し、IT領域の中に得意分野を見出せるよう支援することを最も重視しながら教育にあたります。

教育・学習目標

1年次

基礎科目の履修に重点を置き、創生工学部内の共通科目として修学基礎教育科目、外国語教育科目、コンピュータリテラシなどの工学基礎科目を教育・学習します。専門教育科目はすべてコース共通科目で、基本的なコンピュータとネットワークについて教育・学習し、本格的な専門技術を学習可能とする基礎力を身につけます。

2年次

コース共通科目として情報処理技術全般について幅広く教育・学習するとともに、システムとネットワークの設計・開発に関する演習などを通して、実践力を身につけます。特に後期からは、それぞれのコースについて基礎となる専門教育科目を教育・学習します。

3年次

それぞれのコースの中でさらに個々人の得意分野を見出し、知能処理、メディア処理、ソフトウェア工学、モバイルユビキタスサービス、モバイルユビキタスネットワーク領域について、ある専門領域、あるいは境界領域にまたがる複数の領域の発展的専門教育科目について重点的に教育・学習し、4年次の卒業研究に着手できる素養を獲得します。

4年次

通年にわたる卒業研究、及び将来技術者として必要な人間形成科目、総括的な専門教育科目の教育・学習によって、教育目的を達成します。

取得を目指せる資格

〔国〕は国家資格 〈 〉内は実施団体

本学科と関連の深い資格

応用情報技術者試験〔国〕
ネットワークスペシャリスト試験〔国〕
基本情報技術者試験〔国〕
CCNA(Cisco認定資格)〈シスコシステムズ〉
情報セキュリティスペシャリスト試験〔国〕
ITパスポート試験〔国〕

その他の資格

技術士[技術士補]〔国〕
※卒業後、第1次試験の「共通科目」が免除
第一級陸上特殊無線技士〔国〕
※モバイルユビキタスコースは卒業時に資格を取得
第二級海上特殊無線技士〔国〕
※モバイルユビキタスコースは卒業時に資格を取得

教員免許

高等学校教諭【情報】
高等学校教諭【数学】

将来目指せる職業

システムエンジニア
ソフトウェアエンジニア
知能情報システム開発者
携帯電話エンジニア
ネットワークエンジニア
セキュリティエンジニア
カスタマーサービスエンジニア
通信・放送システムエンジニア
組込み型システム開発者
システムアドミニストレータ