ロゴマークについて

多様な学びや研究とその成果が、未来の社会に向かって広がっていくことを表しています。輝きをイメージさせる色で、50周年を越えたさらなる発展を示唆しています。

平成29年11月12日(日) 札幌パークホテル

開学50周年記念シンポジウム・式典・祝賀会

 平成29年11月12日(日)、札幌パークホテルにおいて、北海道科学大学開学50周年を記念したシンポジウム・式典・祝賀会(北海道科学大学主催、北海道新聞社共催)を開催しました。
 記念シンポジウムでは外交ジャーナリストで作家の手嶋龍一氏による基調講演「北の大地、新たな針路を探る」と苫米地司理事長・学長らがパネリストとして登壇したパネルディスカッション「北海道を科学の力で切り拓く」をテーマに一般応募・関係者等約900人が参加されました。
 パネルディスカッションでは、手嶋龍一氏、苫米地理事長のほか、㈱アミノアップ化学 代表取締役会長 小砂憲一氏、北海道科学大学OBの小松建設㈱ 代表取締役 小松幸雄氏と㈱INDETAIL 代表取締役 坪井大輔氏ら道内経営者も交えて、北海道の活性化について意見を交わし、メディアデザイン学科4年生の吉尾鷹哉さんもパネリストとして登壇し、大学生の目線から北海道の将来について意見が述べられました。
 記念式典では、北海道副知事 窪田 毅氏と北海道大学総長 名和豊春氏から祝辞をいただいた後、ブランド・アクションプロジェクトリーダーで工学部情報工学科の川上敬教授から北海道科学大学のブランドビジョンの実現に向けた今後の動向について話されました。
 記念祝賀会には、大学OBや教職員などが多数列席し、開学半世紀の節目を祝いました。

  • 開学50周年記念シンポジウム・式典・祝賀会
  • 開学50周年記念シンポジウム・式典・祝賀会
  • 開学50周年記念シンポジウム・式典・祝賀会
  • 開学50周年記念シンポジウム・式典・祝賀会
  • 開学50周年記念シンポジウム・式典・祝賀会
  • 開学50周年記念シンポジウム・式典・祝賀会

開学50周年記念事業ページへ戻る