北海道科学大学大学TOPTOPサイトマップアクセスプライバシーポリシー
現在位置: 大学トップページ >> キャリアアシストサイト >> 公務員採用試験
公務員採用試験
 景気に左右されない公務員を目指す学生は依然として多く、受験者層の質はますます高まってきています。採用試験は公務員法の公開平等の原則に基づいた実力による競争試験であり、社会・経済・国際情勢の変化に対応できる柔軟な思考力と行動力を持つ優秀な人材を確保することを目的として行われています。
採用試験はここ数年の改革により受験しやすくなりました。結果として受験者層が拡大しましたが(法、経済学部以外の学部出身者でも受けやすくなった)、反面、公務員の採用枠が減少したため少数精鋭主義の傾向が強まり、面接にも重点がおかれるなど厳選の時代に入りました。早期に志望する公務員の研究を進め、以下の点に留意して受験勉強に全力をあげ、栄冠を勝ち取ってください。
公務員の種類
 公務員には国の機関に勤務する「国家公務員」と、都道府県や市町村などの地方公共団体に勤務する「地方公務員」に大別できます。ここでは大卒程度の学力を有する人を対象に実施されている採用試験を紹介します。

【国家公務員】
◇総合職試験
・政策の企画立案に係る高い能力を有するかどうかを重視して行う係員の採用試験。

◇一般職試験
・的確な事務処理に係る能力を有するかどうかを重視して行う係員の採用試験。

◇専門職試験
・特定の行政分野に係る専門的知識を有するかどうかを重視して行う係員の採用試験。
○国税専門官 ○財務専門官 ○労働基準監督官 ○法務省専門職員
○外務省専門職員 ○航空管制官 ○食品衛生監視員 ○皇宮護衛官

◇経験者採用試験
・民間企業等における有為な勤務経験を有する者を係長以上の職へ採用することを目的として行う。

【地方公務員】
◇都道府県職員
○一般行政・事務 ○警察事務 ○資格職 ○学校事務 ○技術職
○警察官

◇市町村職員
○一般行政・事務 ○消防官 ○学校事務 ○資格職 ○技術職
公務員試験について
 公務員試験は試験日程がパターン化していますので、日程が重ならない限り、併願することができます。しかし、受験者を制限するために学歴・年令によって受験資格を定めていますので注意してください。ここでは採用試験のシステムと対策について紹介します。

・国家公務員採用の流れについて @業務説明会等による情報収集(イベント等を各地で開催。積極的に参加し情報収集することで、自分の能力が活かせる仕事・職場等を探す)
A採用試験(試験日程など、2月に人事院ホームページで公開)
B官庁訪問(「合格=採用」ではない。各府省での面接が必要なため、希望する府省を訪問し自己PRする)の三つからなっています。

国家公務員の採用に関しては「人事院国家公務員採用情報NAVI」を見て、情報収集してください。

◇地方公務員試験
受験手続
  ↓
第1次試験・・・・・・・学力試験
  ↓
合格発表
  ↓
第2次試験・・・・・・・面接試験・論作文・性格検査
  ↓
採用内定

・採用試験対策について
イ.基礎能力試験対策(一般職試験)
 基礎能力試験は公務員としての業務を遂行するに当って必要な、一般的知識・知能をみるための試験であり、多肢選択式で行われます。内容は、知能分野の文章理解、判断推理、数的推理、資料解釈と、知識分野の自然・人文・社会(時事を含む)に分けることができます。出題の科目構成や出題数は各試験によって異なります。
 知能分野の判断推理や数的推理の問題は、数学的センスを必要とし、解法のテクニックを知っているかいないかで差が出ますので、事前の準備が必要です。知識分野は、非常に出題範囲・分野が広いのが特徴ですが、全問題の中から決められた題数を選択して解答する、選択解答制が導入される試験もありますので、苦手な分野を避けることができるようになりましたが、平均点も高くなりました。
 ポイントとしては、@知能分野を優先的に勉強し、問題集などで多くの問題を解き、解法のコツ、パターンを覚える。A知識分野については得意な分野を中心に勉強し、得点源となる科目を増やすように努力することがあげられます。何よりも志望する試験レベルや自治体を決めて、試験の科目構成・出題傾向を調べて準備にとりかかることです。

ロ.専門試験対策
 公務員として各分野で必要な専門的な知識、専門的な判断力を持っているかをみるのが、専門試験であり、多肢選択式と記述式の2つがあります。多肢選択式については試験の種類や区分などによって出題科目、出題数が異なります。記述式の試験は、専門科目の中から与えられたテーマについて、論述するもので、理解力、思考力、思考過程等が判断されます。
 ポイントとしては、@過去の出題傾向を分析して、的を絞ること。A学習方法としては、どの科目とも、基本書と問題集を併用して効率良く勉強することなどがあげられます。

ハ.人物試験対策
 人物試験とは一般に面接試験と呼ばれるもので、協調性、積極性、責任感などから人間の将来性・やる気を評価されます。面接の形式は、個別面接と集団面接及び集団討論がありますが、個別面接は受験者1人に対して、面接官数人が30分程度で面接を行うものが一般的です。集団面接は10人くらいの受験者に対して面接官が複数で対応するもので、時間は60分程度です。
 個別面接が主流ですが、地方公務員では個別面接とは別に集団討論を実施するところもあります。急場しのぎではどうしようもないのが面接です。ふだんの生活の場で自然と身につけていく努力が必要です。
民間企業との併願について
 公務員志望者にとって、その志望を実現することが厳しい状況になっていることは、前にも述べましたが、浪人して来年再受験することが、経済的に可能かどうか判断をして、次善の策を考えることも大切です。
 民間企業との併願を考える場合には、就職活動の時期が公務員試験準備の時期と重なりますので、公務員試験のための勉強時間が減ることになります。また試験準備のために就職活動で大事な企業・OB訪問の機会が減るので、企業を絞り効率的な就職活動が必要となります。業界研究や企業研究を早目に行い、資料請求を済ませ、その後は公務員試験準備に力を注ぎ、その結果で判断しても良いでしょう。
 併願を考える場合には、公務員の仕事に近い特殊法人等の非営利団体も視野に入れて考えることも良いのではないでしょうか。
 特殊法人の職員の採用については、各法人が独自に実施し、その採用活動は公務員よりも民間企業に近いところが多いようです。試験内容は民間企業と変わらないところから、公務員試験に類似したものを出題するところなどがありますので、よく研究してください。募集についても毎年定期的に行うところや欠員補充と言った不定期なところなど様々ですので、情報をよく集め、募集の時期を逃さないようにしてください。

・関係機関から大学へ募集要領が通知されてきた場合は、就職資料室内の「官公庁募集一覧」及び本学ホームページ「キャリアアシストサイト」(公務員等試験関係)にて案内します。
・大学に募集要領や採用試験等の通知を行わない地方公共団体もありますので、各自で問い合わせて対応策を十分にたてておく必要があります。

pagetop
キャリア支援人事採用ご担当者様へ就職活動のプロセス