FACULTY OVERVIEW  地域社会の健康を、薬学の視点から支える人材を育成します。

患者さんのQOL向上・改善のための「ファーマシューティカル・ケア」を実践できる薬剤師の養成が、本学部の教育理念です。薬剤師の使命は、一人ひとりの患者さんの役に立つこと、そして地域の健康を支える医療人となることです。その実現のため、将来の医療を見据えた独自性あるカリキュラムに基づき、薬学の視点から判断し行動できる薬剤師を育てます。

*QOLとはQuality Of Lifeの略で、日本語では「生活の質」と訳される。

入学定員
180名(予定)
修業年限
6年
学位
学士(薬学)
取得可能な資格
薬剤師国家試験受験資格

学部の特色

#01

しっかりとした基礎固め

本格的な薬学の学びが始まる前に、1年次に化学、生物、物理、数学などの基礎科目について、高等学校で未履修の学生や苦手としている学生を対象に補習を行い、知識の基礎固めをサポートします。

#02

実務に強い教員が充実

実務に直結した教育を幅広く行うため、薬剤師としての実務経験を持つ17名の臨床系教員を配置する予定です。学生は、教員が現場で得た生きた知識・経験を、講義や実習を通して学ぶことができます。

#03

実践型のカリキュラム

知識・技能・態度の教育を相互に関連づけたカリキュラムで、実践的能力を高めます。このカリキュラムで6年間学ぶことにより、これからの薬剤師に求められる問題発掘・解決能力を身につけます。

卒業後の進路例

医師・看護師などと連携するチーム医療を通じて、治療に貢献します。

医師・看護師などと連携するチーム医療を通じて、治療に貢献します。

身近な薬の専門家として、地域住民の健康をサポートします。

身近な薬の専門家として、地域住民の健康をサポートします。

医療現場への医薬品情報の提供や、新薬開発に関わる業務があります。

医療現場への医薬品情報の提供や、新薬開発に関わる業務があります。

医療薬学・臨床薬学の研究を深め、地域医療の発展に寄与します。

医療薬学・臨床薬学の研究を深め、地域医療の発展に寄与します。

麻薬取締官や保健所、科学捜査研究所などで専門知識を生かせます。

麻薬取締官や保健所、科学捜査研究所などで専門知識を生かせます。

学費について

初年度学費納付金

入学金
200,000円
授業料
1,500,000円
※実習費が含まれています。
その他の
経費
62,300円
年額
1,762,300円